大橋未歩、グラビアで“胸の谷間”全て消した理由

写真拡大

フリーアナウンサーの大橋未歩(39歳)が、5月1日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。局アナ時代、グラビア撮影に挑んだものの、報道の仕事をさせてもらえなくなるため、胸の谷間が写っている写真は全部消していたと語った。

この日、番組には“東北No.1美女アナウンサー”とも称されたフリーアナウンサーの塩地美澄(35歳)が登場。報道番組のキャスターをやりたくて東京に出てきたものの、セクシー路線にキャラ変更せざるを得なかったと告白した。

すると、大橋は「キー局のアナウンサーさんは温泉ロケとかもNGですよね」とセクシーさは報道番組においてNGとなる場合があることを指摘。大橋本人もテレビ東京で入社3年目に、番組の企画として「偉い人に話は通してあるから」とグラビア撮影したが、「谷間みたいなものが出ているやつは全部消したんですよ」と、谷間を消さないとその後のアナウンサーとしての仕事に響くから、と説明していた。

Twitterなどのネットでは「フリーになった時に真価は出てしまう」「大橋未歩、わりとセクシーな話題多かった覚えがあるけれどなあ」「地方局アナも大変だ」といった反応が寄せられている。