出典: https://www.shutterstock.com

“おうちデート”は2人きりでまったりとしたりできるので、いつもよりもラブラブムードにもなりやすいもの。

だからこそ、そのムードをぶち壊しにするような行動を彼女に取られたら、男性のガッカリ度もかなり大きくなってしまうでしょう。

そこで今回は、“彼の部屋”でやってはいけないNG行為を紹介します。

 

■勝手に「掃除」を始める

彼氏の部屋に行った際に、「いい彼女アピール」や「女性らしさアピール」をしようとして、掃除や片づけをしてあげようとする女性もいるでしょう。でも、彼氏に何も聞かずに、勝手に掃除をし始めるのはさすがにNG。

大事な書類や資料などがあるかもしれませんし、いきなり片づけられたら「部屋が汚い」と言われているかのような気分にもなります。それではアピールになるどころか、お節介な鬱陶しい女だと思われてしまいかねませんよ。

 

■どんどん「私物」を置いていく

彼氏の部屋にお泊りをするようなことが増えていったら、着替えやメイク道具などを置かせてもらいたくもなるでしょう。それは別に悪いことではないですが、やはり勝手に私物を置いていくようなやり方は良くありません。

知らないうちに彼女の物がどんどん増えていったら、その自分勝手さに彼氏も呆れてしまうはず。また、なんだか浮気予防のためにあえて女性物の私物を置いていっているようにも見えたりするので、疑われているような嫌な気分にさせてしまう可能性だってありますよ。

 

■部屋に「文句」をつける

「カーテンの色が暗いよ」とか「もっと大きめのソファにしたら?」などと、部屋に色々と文句をつけられたら、彼氏はもうあなたを呼びたくなくなるはず。たとえ良くするために言っていることだとしても、なかなかそうは受け取ってもらえないでしょう。

特に、上から目線で批判するような言われ方をされると、男のプライドも傷つけられるので、彼氏もかなりカチンとくるもの。彼氏の部屋で、ふたりで過ごすことがものすごく多くなってきたときに、「こういう色のカーテンにしてみない?」と提案するように言うのであれば、彼氏もそこまで嫌な気分にはならないかも。

 

■「散らかしっ放し」で帰る

使った食器や読んだ雑誌などを片づけず、ゴミも放置したままの散らかしっ放しの状態で彼女に帰られたら、彼氏は「だらしない女」という印象を持つはず。女性らしさを一切感じられない行動でもあるので、彼女としての魅力も半減することでしょう。

少なくとも自分の使ったものくらいは、ちゃんと片づけるのが最低限のマナーです。できれば来たときと同じ状態に部屋を戻してから帰ることができると、彼氏の中であなたの株がかなり上がるはず。「いい子を彼女にしたな」と、ちょっとうれしい気持ちになったりもするものですよ。

 

“おうちデート”では普段はあまり見られない一面が見られたりもするもの。だからこそ、特に彼氏の部屋に行く際には、幻滅されてしまうような行動を取らないように、最低限の注意はしておきましょう。

【画像】

※  nd3000/shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】