心がオープンな人は、人を心から信じて受け入れる才能を持っていると言えます。時には、すっかり信じこんで損をしてしまう場合もあるかもしれませんが、冷たく閉ざされた人の心を溶かせる温かさも持ちあわせているでしょう。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“心がオープンな人が持っている相”をご紹介いたします。

 

■1:太陽線が「月丘」から一直線に薬指へと伸びる…開放的で華やかに活躍できる相

小指の下にある部分“月丘”から薬指の付け根に向かって一直線に伸びる太陽線は、心がオープンであることを示す吉相。社会的な評価が高まりやすく、華やかに活躍できるため俳優やタレントなどに向いているでしょう。また、会社員なら若くして出世でき、結婚して家庭に入るのであれば、明るく楽しい家庭を築くことができそうです。長くて真っ直ぐ伸びる線であれば、途中で多少切れ目があっても問題ないと言えます。

 

■2:「木星丘」の肉付きがよく二重感情線がある…ドンと構えて安心感を与える手相

人差し指の下部にあたる“木星丘”の肉付きがいい人は、包容力があり意欲旺盛な性格。心が温かく、壁にぶつかっても持ち前の明るさと積極性で難なく乗り越えていけそうです。また、リーダーとして人の上に立ったり、経済的に成功できたりといった素晴らしい資質も持っています。この相の持ち主と一緒にいるだけで、不思議と元気になったり、安心できたりするでしょう。周囲からの人望も厚く、ツキが巡ってきやすいタイプと言えますよ。

 

■3:感情線が全体的に鎖状になっている…オープンでハデに遊ぶのが好きな相

感情線が鎖状になっているのは、金遣いが荒く、ハデに遊ぶのが大好きなタイプ。そのため、毎月交際費がかさみがちに。また、感情線が中指の下で下向きに曲がる相の持ち主も、雰囲気に流されやすく無駄遣いが多いので注意が必要です。頭で考えるより先に感情で動いてしまうので、後先考えずに浪費してしまいがち。まずは、入ってくるお金と出ていくお金のバランスを見直してみて。

 

■4:知能線の途中から鎖状になり線が下がる…あけすけでダメ男についていきやすい相

知能線が途中から鎖状、または切れ切れであったり、垂れ下がっていたりする相の持ち主は、あまり物事を深く考えないところがあるようです。人の言葉をそのまま信じてしまう性格なので、口の達者な人にホイホイついていってしまうところが。そのため、相手の甘い言葉に騙されて楽な方を選んでいくと、いつの間にかズブズブと悪い道にハマってしまうことに。「この人で本当にいいのか」をよく考えてから行動するようにしましょう。

 

心をオープンにすることは、人間関係を円滑にしていくうえでとても大切なことだと言えます。しかし、その優しさを逆手にとる人が少なからずいるのも事実。だからこそ、心を開きつつも、人柄をよく見極めて付き合うようにしましょう。そうすれば、あなたの良さはもっと輝くはずです。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】