畑岡奈紗、憧れの大会で地元・茨城を熱狂させる(撮影:ALBA)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 事前情報◇1日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,715ヤード・パー72)>

先週の米国女子ツアー「LPGAメディヒール選手権」で7位タイとなり、初の米ツアートップ10入りを果たした畑岡奈紗が、“強行日程”を乗り越えて、憧れの大会での優勝を宣言した。


1日の早朝5時前に帰国したという畑岡は、そのまま羽田空港から地元の茨城県入り。「家にも帰っていません」という状態ながら、午前中から元気に練習ラウンドを行うタフさを見せつけた。難しい日程になるのは分かりながらも、出場を決めたのは今大会への憧れからだ。

「小さいころからギャラリーとして何度もこの試合を見に来ていました。自分が選手として出ることを目標にしていました」

それだけに、今大会にかける思いは強い。コースを回った印象を聞かれると「グリーンが小さいのと、ところどころに傾斜があって難しい。あとはラフも長いですね」と警戒した。しかし、「調子は徐々に上がってきている。ティショットがまとまってくれたので、チャンスにはつけられたと思います」と、初トップ10をつかんだ結果を振り返る。

先週の「サイバーエージェントレディス」では、同い年の新垣比菜がツアー初優勝。「本当に刺激になります。ジュニアのときから切磋琢磨してやっているので、いいことだと思います」。そして、今週の目標を聞かれると即座に「優勝」と断言。同世代の活躍も、今回の原動力となるはずだ。

今大会で一番記憶に残っているシーンを問われると、モーガン・プレッセル(米国)が優勝した2010年大会と答えた畑岡。その大会はプレッセルが2位の横峯さくらに3打差をつけ、快勝した大会だ。あの完勝劇を次は自らが主役となり、実現させる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【写真】畑岡奈紗・2018年最新スイング
よく分かるリランキングリスト<「サイバーエージェント レディス」終了時>
【WITB】黄金世代は巧さに加えて飛距離も出る 新垣比菜の初優勝ギア