「仙巌園」。近代化の舞台となった別邸から雄大な桜島を望める

写真拡大

薩摩藩士として激動の時代を生き、明治新政府の樹立のために活躍した西郷隆盛。悲しい最期を遂げた彼だがその功績は大きく、数々の逸話とともに各地にゆかりの場所が残る。波乱に満ちた西郷の人生、そして明治維新の軌跡をたどる旅にでかけよう。

【写真を見る】西郷が命を絶った地「城山」から望む桜島

■ 島津斉彬と最後に会った別邸から見える雄大な桜島「名勝 仙巌園」

西郷の能力を評価して、身分の低い家来から重要な側近として重用した島津斉彬は、当時アヘン戦争などで西欧諸国が植民地を増やすなか、誰よりも早く危機感を抱き藩の強化に努めた。その第一歩が、仙巌園の反射炉造設だ。

その斉彬の姿勢はやがて西郷へと受け継がれ、明治維新の動きへとつながっていく。そんな近代化への先駆けの舞台となった仙巌園は現在では園内一帯が世界遺産に登録されるなど、歴史的価値のある見どころが盛りだくさんの場所となっている。

[名勝 仙巌園]鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1 / 099-247-1551 / 8:30〜17:30 / 無休

■ 西郷が生涯の師と仰いだ島津斉彬を祀る「照國神社」

城山の麓にある社で、島津斉彬を祀る。境内には斉彬をはじめ久光や忠義の銅像が建立。また歴代の島津家の業績や、斉彬の直筆画など関連資料を展示する「照國資料館」を併設する。

[照國(てるくに)神社]鹿児島県鹿児島市照国町19-35 / 099-222-1820 / 8:30〜17:00 / 無休

■ 職人技を随所に感じる鹿児島屈指の名産品「島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館」

第28代当主・島津斉彬の命により開発され、全国から賞賛された薩摩切子の専門店。店内には、カラフルかつ繊細なカッティングを施した商品が、約200点以上並ぶ。

[島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館]鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24 / 099-247-8490 / 8:30〜17:30 / 無休

■ 明治維新で活躍した志士の生きざまを垣間見る「鹿児島市維新ふるさと館」

幕末における薩摩の様子と明治維新を支えた志士を、写真・映像・ゲームなどで紹介。目玉は、維新体感ホールで上演される「維新への道」。幕末の偉人をロボットで再現する。

[鹿児島市維新ふるさと館]鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1 / 099-239-7700 / 9:00〜17:00(最終入館16:30) / 無休

■ 西郷が命を絶った場所は西南戦争が終息した地「城山」

標高107mある山に、市街地と桜島を一望できる展望台をはじめ、自然遊歩道、時報に使う大砲が設置されたドン広場などが点在。また西南戦争の舞台になったため、「西郷隆盛洞窟」をはじめとしたゆかりの地が残っている。

西南戦争で延岡から敗走した西郷たち。その最後の舞台に選んだのが、地元であり幼少期に何度も遊んだ城山だ。最後の瞬間、彼は誰を思っただろう。愛加那、大久保、それとも斉彬。皆に愛された男は、愛する街で永遠の眠りについた。

[城山]鹿児島県鹿児島市城山町 / 099-298-5111 / 見学自由 / 無休(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)