日本最大級のアヒルちゃんが湖畔に出没!

写真拡大

那須高原のりんどう湖を中心に約30万屬旅さを誇るレジャーランド「那須りんどう湖レイクビュー」。4月より様々なコンテンツが登場し、親子三世代の遊び心をくすぐるレジャーランドへと進化している。ゴールデンウィークのレジャーにもぴったりの「那須りんどう湖レイクビュー」の魅力を紹介する。

【写真を見る】かわいすぎる動物たちのパレードは必見!

■ 日本最大級のアヒル「ピンキーダック」が湖に出没!

那須りんどう湖畔に浮かぶのは、日本最大級のアヒルちゃん「ピンキーダック」。アヒル界の中でも、一際大きなピンキーダックは、身長はビル5階建て分(20m)、ウエストは銀座線一車両分(16m)、体重は人間34人分(2t)と迫力満点だ。広報担当者の話によると、この「ピンキーダック」がイチオシのスポットとのこと。「湖のイメージにぴったり合うアヒルで、かわいらしい写真を撮ってもらえると思います。思い思いの写真を撮って楽しんでもらいたい」と話している。これまでの最大とされてきた”アヒルちゃん”は18メートル(株式会社エードット調べ)。これにプラスして2メートル大きくした、「ピンキーダック」は迫力満点の仕上がりだ。

■ 親子で癒される、かわいすぎるアニマルパレード

「那須りんどう湖レイクビュー」に住んでいる10種類の動物たちの園内パレードを開催する。全長1000メートルのコースを、アルパカ・ヤギ・ヒツジ・アヒル・馬・子牛などさまざまな動物たちが園内を練り歩く。

■ コーンまで真っ白!注目のスイーツ「Cloudy Cream」

「Cloudy Cream」(500円)はどんな場所にでも溶け込む、“雲”のような真っ白なソフトクリーム。インスタ映えする写真が撮れるだけではなく、注目したいのはその味。りんどう湖ファミリー牧場で飼育されたジャージー牛の、フレッシュでコク深いミルクと生クリームを贅沢に使用した。素材の持つ味わいと品質を、最大限に引き出せるようこだわりぬいた。“濃厚でクリーミー”、“心地よい甘さ”と“なめらかな口どけ”の最高のバランスを実現した逸品だ。ますます暑くなりそうなゴールデンウィークの時期は、より一層おいしいく食べられること間違いなし。

■ インスタジェニックなアートスポット「Rinbow Rainbow」

昨年大ブームになった“ナイトプール”や原宿で大人気のホットスイーツ「RingoRing」を手がけた現役女子大生アーティスト、辻愛沙子が手掛けたアートスポット。レインボーとホログラムを融合させた、カラフルな写真スポットは夏にかけても増えていく予定だ。家族の思い出作りに、また友達同士で撮りあっても楽しそう。

■ みんなで遊べる新アトラクションも登場!

新しいアトラクションも見どころの一つ。 (1回1000円)や電動二輪車「Airwheel」(1回20分1000円)、「忍者の里」(小学生以上 1名1000円/親子セット1組1300円)などが楽しめる。

■ 遊び疲れたら、食の複合施設「Mekke!」で一休み

那須高原の恵みを食の形で提案する、食の複合施設Mekke!では、ランチタイムにビッフェを提供する。武蔵窯でジューシーに焼き上げた、牛ステーキをメインに新鮮な食材をふんだんに使ったメニューをそろえた。

広報担当者からは「お客様が、わざわざ足を運んだ甲斐があったと思えるようなコンテンツを沢山ご用意しております。ピンキーダックやRinbow Rainbowなど、是非実際に体験してみて欲しいですね。そしてお昼にはぜひ『Mekke!』のビッフェも召し上がってください。」とのメッセージが。

様々な見どころが詰まった「那須りんどう湖レイクビュー」は、老若男女問わず楽しめること間違いなし。ゴールデンウィークに是非、訪れてみては。(東京ウォーカー(全国版)・モリオカユカ)