世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第182回は、ラオス王国の都だったルアンパバンを芹澤和美さんがめぐります。

長年夢見ていた憧れの地
ルアンパバンへ


メコン川に寄り添うような暮らしが息づくルアンパバン。約40年前まではここに王国の首都があった。

 早朝の托鉢風景、夕日に照らされるメコン川、16世紀から街を見守り続ける黄金の寺……。そんな美しい風景写真を見るたび、いつかは旅してみたいと思っていたラオス・ルアンパバン。

 ラオスの国土は日本の本州程度しかなく、人口はわずか約700万人。そんな小さな内陸の国にあって、1975年まで王国の首都として栄えていた街というだけでも神秘的に感じられて、ずっと憧れていた。


北部の山間部にあるルアンパバンは、街全体が世界遺産。着陸寸前に機上から見た街は、森のなかに赤い屋根の小さな家が点々と立っていた。

 2018年春、ようやく、この街を旅する機会を得た。成田からタイ・バンコクを経由し、ルアンパバンまで十数時間かかる。直行便がないから行きにくいのだが、それもまた、かの地への憧れが増して、心がくすぐられる。


ゆるやかに流れる古都の時間。人も、犬も、猫も、みんな穏やか。

 ルアンパバンの街は空港からわずか約5キロと近いものの、道路は整備されているとはいいがたい。ガタガタの道を行く車の窓から見えるのは、3人乗りのバイクやトゥクトゥク、雑貨を売る露店の数々。

 道端に堂々と干された洗濯物や、闊歩する野良犬たちに、「これぞ東南アジア最後の秘境!」と、心がワクワクしてしまう。


中庭とプールを囲むようにしてゲストルームがある「アヴァニプラス ルアンパバーン」。

 この旅で滞在したのは、2018年3月に誕生したばかりの「アヴァニプラス ルアンパバーン」。

 街のど真ん中に位置し、ルアンパバン名物のナイトマーケットはすぐ目の前という絶好のロケーションにある。夜に街を歩くなら、ホテルは少しでも近いほうがいい。街の風景にしっくりと馴染むクラシカルな外観も好印象で、このホテルに泊まることに決めた。


全53室のスモールラグジュアリー。ゲストルームのインテリアには、ローカルの布や雑貨が使われていて、優しい雰囲気。

 案内された部屋は、街の中心地にあるとは思えないほど、外の喧騒とは無縁。外はまだ日が高く気温も高い。まずはゆっくりと、部屋でひとやすみ。長い移動時間を経て現地に到着した後、体力をいかに回復させるかが、その後の行動力に影響するのだ。


予約したのは、デラックス・プール・ビュー・ルーム。テラスからは、バンヤンツリーが茂るプールを見下ろす。

 部屋に用意されているアメニティやミネラルウォーターは、籐細工に包まれていて東南アジアの風情たっぷり。こうしたあしらいも、旅の気分を盛り上げる。


籐を使った小物がかわいらしい。これらは地元で作られているものなのだそう。

ほのぼの感が気持ちのいい
街並みはカフェ天国


「ニューヨーク・タイムズ」で「世界で一番行きたい街」に選ばれ、イギリスの旅行雑誌「ワンダーラスト」で「世界で最も満足度の高い観光地」とされたルアンパバン。治安がよくて旅人にも優しい。

 午後4時頃になると、ようやく日差しも和らいでくる。部屋で休んだ後は、さっそく街歩きへ。メコン川とカン川に挟まれているルアンパバンの市街地はとても小さい。約2キロのメインストリートに有名な寺院が集中し、雑貨店やカフェがずらりと並んでいる。


メインストリートにずらりと並ぶのはカフェやゲストハウス。

 歩き始めてすぐは、そんな街の光景にちょっと拍子抜けしてしまった。秘境らしき場所を勝手にイメージしていたので、数メートルおきに両替所やATMがあることが意外だったのだ。

 でも、外資系のファストフードのチェーン店やコンビニエンスストアが一軒もないのは、なんとも痛快。観光地でありながら店員もしつこくなく、治安も抜群。ここなら、女性のひとり旅も安心だし、退屈しないと思う。


鮮やかな花とカラフルな建物と、トゥクトゥク。ルアンパバンは色鮮やかだ。

 私にとってなによりありがたかったのは、街のつくりがシンプルなこと。目抜き通りのシーサワンウォン通りとサッカリン通りを中心に、メコン川沿いとカン川沿いを歩けば、主だったスポットはほぼ網羅できる。これなら、地図を読めない(読まない)私も迷うことがない。


カフェはどの店もインテリアがかわいらしい!

 通りで一番多く見かけるのはカフェ。数があまりにも多すぎて、どこに入ろうか迷ってしまうほど。どの店も、涼しげなインテリアや天井で廻るファン、オープンエアの席がリゾート風で、見るからに居心地がよさそう。苦みが強く酸味の少ないラオスコーヒーも私好み。

 風がよく通るオープンエアの席に座って、トゥクトゥクが行き交う様子を眺めてぼーっとするのは、なんとも贅沢な時間だった。


メコン川を染める夕日。この風景が見たくて、毎日川沿いに足を運んだ。

 カフェでくつろぎ、お寺を巡っているうちに、そろそろ日没の時間。街中にあるプーシーの丘は夕日の観賞スポットだけれど、毎日、観光客で大混雑すると聞く。そこで、メコン川沿いでサンセットを眺めることに。

 川沿いにはリバービューのカフェやオープンエアのレストランがたくさんあって観光客もそれなりに多いけれど、場所は開けているし、川から吹く風がとても気持ちいい。山肌がオレンジ色に染まり、しだいに川面が燃えるような夕焼けに染まっていく様子は、ルアンパバンで見た最も美しい風景だった。

 日没後の楽しみはディナー。近くにあるローカルの店で食べるつもりが、歩きすぎてあまりにも疲れてしまい、しかたなく(?)ホテルの敷地内に立つ別棟のレストランに行ったところ大当たり。地元の食材を豊富に使った料理は、ルアンパバンの味覚をしっかりと味わわせてくれた。


左:メコン川で獲れた魚の蒸し焼き。バナナの葉に包まれた魚は臭みがまったくない。
右:ラオス産ビーフステーキは想像以上のおいしさ!

古都の一日は托鉢で始まる


圧巻の朝の托鉢風景。朝は早いけれど、ホテルのすぐ前で、この光景を見ることができる。神聖な行為を邪魔しないよう、やや遠目から望遠モードで撮影。

 翌朝は早起きをして、朝の托鉢を見学。托鉢とは、修行僧が鉢を持って街を歩き、人々から施しを受けて回ること。敬虔な仏教国であるラオスでは、人々は朝早く道で僧侶を待ち、彼らが持つ鉢の中へ、もち米やバナナの葉で包まれた蒸し鶏などのお布施を入れていく。

 ラオス全土で托鉢は行われているが、ここルアンパバンではちょっと事情が異なる。夜明け前に行われるべき托鉢も、観光客が撮影するカメラのフラッシュが僧侶の目に悪いため、日の出直後に。また、撮影に夢中になった人が事故にあわないよう、この時間は車両通行止めになる。


左:観光客用のお布施セット。
右:次々と売り子のおばちゃんがやってくるが、ホテルのデスクには、「路上の売り子からではなくローカルマーケットで托鉢のお布施を購入してください」と注意書きがあった。

 お供えをするときは裸足で膝立ちの姿勢になるが習慣なのだが、慣れない外国人用に小さな椅子が用意され、お布施セットまで売られている。いわば観光客向けにアレンジされているわけだが、これもルアンパバンの大事な観光要素のひとつなのだろう。

 托鉢を体験しようという観光客が多いから、お坊さんたちが持つ鉢はあっという間にお供え物でいっぱいになってしまう。これらは、いったん沿道のカゴに入れられ、貧しい人たちが持ち帰っているという。

 托鉢はショーのようでもありちょっと複雑な気持ちになるけれど、大量の食料が無駄になっていないのなら、ひと安心。


プーシーの丘から眺める街並み。朝は涼しくて気持ちがいい。

 托鉢の後は、プーシーの丘までひと登り。ここは先述の通りサンセットの名所として知られているが、朝の凜とした空気のなかでの眺望もすばらしい。朝食の用意をしているのか、民家から竈の煙があがっている風景も美しかった。


朝市で見つけた素敵なコーヒーショップ。ホームメイドのマルベリーティーや蜂蜜も売られている。

 プーシーの丘を下った後は、すぐ近くの朝市へ。ナイトマーケットは観光客向けだが、朝市は地元民のためのものと聞き、がぜん興味が湧く。野菜や魚、カエル(!)なども売られていてローカル色を満喫できて大満足。なかにはセンスのいい露店のコーヒーショップもあって、なかなか楽しい。


ホテルメイドのクロワッサンや南国フルーツ、タピオカを使ったスイーツ。そしてラオス産のコーヒーで朝ごはん。食欲のない朝、軽くてビタミンが摂取できる朝食は嬉しい。

 托鉢に絶景にマーケットと、朝をたっぷりと堪能した後は、ホテルにいったん戻って、朝食を。私はふだん、ホテルで朝食を食べることはめったにない。もともと朝食を食べない習慣なのと、旅先ではローカルの朝ごはんを満喫したいからだ。

 でも、「アヴァニプラス ルアンパバーン」には、ラオス風お粥や地元でとれたフルーツなど、食べたくなる朝食メニューが豊富に揃う。ローカルの食材を使った朝ごはんは、お腹と心を満足させてくれた。

 朝食は、スタッフとの会話も楽しみだった。実は、朝市の存在を教えてくれたのも彼ら。朝市はメインストリートからちょっと入ったところにあって、その存在に気づきにくい。「地元の食材が並んでいて、面白いからぜひ行ってみて!」というスタッフの勧めで訪ねることができたのだ。


部屋数が少ないので、スタッフともすぐに仲良くなれる。

ルアンパバンは午前中に活動するが吉!


ルアンパバンの日中は暑い。今ではあまり見かけなくなった東南アジアの至宝、上半身裸のおじさんも健在!

 熱帯モンスーン気候のルアンパバンは、午後から夕方にかけてはとても暑い。外に出かけるならやはり午前中がおすすめ。


ルアンパバンの見どころのひとつ、クアンシーの滝。郊外にあり、道中は、棚田やバッファローが行き交う風景も見られる。

 絶景地として有名なクアンシーの滝は、朝食を食べてすぐ、ホテルで申し込めるツアーを利用して出発。市内からは30キロほどあるし山道を行くので、トゥクトゥクより車のほうが身体に楽だと思う。朝一番で行った滝はまだ観光客も少なく、この時間を選んで大正解!


部屋のテラスでビアラオ片手に過ごしたり、スパでマッサージを受けたり。暑いルアンパバンでは、日中はホテル内で過ごすのが体力温存の秘訣。

 正午から夕方までは、暑さを避けてホテルで過ごす時間が必然的に多くなる。プールで泳いだり、ホテル内のブティックをのぞいたり。

 でも、もっとも幸せだったのは、テラスでビールを飲みながらまったりする時間。ラオス産ビール、ビアラオのダークがおいしくて、何杯飲んだことか。キレがあって、ほんのりと甘みがあって、暑い地域で飲むには最高の黒ビールだと思う。


日が暮れると始まるナイトマーケット。観光地にありがちな強引な押し売りもない。

 18時頃になると、メインストリートは一大ナイトマーケット会場に変わる。

 かわいらしい雑貨や衣類、土産物などがめいっぱい並ぶなかを、そぞろ歩くのが夜の日課となった。売られている物はタイや中国産のものが多いけれど、メイド・イン・ラオスのものも掘り出せる。客引きがなく、売り子が穏やかだから、気を張らずに楽しめる。


ターンダウンサービスのときに置かれていたプチギフト。それぞれに説明書きがついていて、ラオスの文化にも触れられる。

 ナイトマーケットはさすがに観光客が多く、ちょっとへとへとになるけれど、部屋に帰ればターンダウンサービスが済んでいて、とても快適。伝統衣装を着た小さな人形のキーホルダーや、花祭りの日はお供えの花をアレンジした飾りなど、ターンダウンサービスの際に置かれていた日替わりのプチギフトも楽しみだった。

 人が穏やかで、ちょっとのんびりしていて、ローカルフードのカオソーイ(麺料理)もマイルドなルアンパバン。道に迷うことなく、治安もいいから、女性のひとり旅も楽しいと思う。


また旅したいルアンパバン。こののどかな風景は変わらないで欲しいなあ。

AVANI+ Luang Prabang
(アヴァニプラス ルアンパバーン)
所在地 Setthathirath Road, Hua Xieng Village, Luang Prabang, Lao PDR
電話番号 856-71-262333
https://www.minorhotels.com/en/avani/luang-prabang

文・撮影=芹澤和美