優勝最有力のローリー・マキロイ 自分の庭で今季2勝目を狙う(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェルズ・ファーゴ選手権 事前情報◇1日◇クエール・ホローC>
現地時間5月3日(木)より、米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」がノースカロライナ州のクエール・ホローCにて開幕を迎える。開催に先立ち、米PGAツアー公式サイトで優勝予想ランキングが発表された。
【連続写真】松山英樹、2018年のスイング写真
優勝予想1位に挙げられたのは、会場のクエール・ホローCと抜群の相性を誇るローリー・マキロイ(北アイルランド)。ツアー初優勝を挙げた2010年大会。3日目に「61」をマークし、2位に7打差をつける圧勝劇を見せた15年大会を筆頭に、出場7試合中でトップ10入りは実に6度を数える。今季2勝目を掲げる絶好機だ。
マキロイに次ぐ2位には、世界ランク2位のジャスティン・トーマス(米国)、3位に2012年大会の覇者リッキー・ファウラー(米国)が続いた。マスターズでメジャー初優勝を遂げたパトリック・リード(米国)は6位にランクインしている。
海外メジャー「マスターズ」以来、4週ぶりの復帰戦となる松山英樹はランク外となった。過去3試合に出場し、2016年の11位タイが最高位とV争いに絡めていないが、果たして下馬評は覆せるか。また、同じくマスターズ以来の出場となるタイガー・ウッズ(米国)も選外となった。
【優勝予想ランキング】※()内は世界ランク
1位:ローリー・マキロイ(7)
2位:ジャスティン・トーマス(2)
3位:リッキー・ファウラー(6)
4位:フィル・ミケルソン(19)
5位:ウェブ・シンプソン(41)
6位:パトリック・リード(10)
7位:ジェイソン・デイ(14)
8位:ルイ・ウーストハウゼン(30)
9位:トニー・フィナウ(33)
10位:ライアン・ムーア(61)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹が楽天戦の始球式に登場「震災復興に貢献したい」
「世界のトップを争いましょう」松山英樹が初優勝の小平智にエール
チームワークが生んだ“新生”チューリッヒ・クラシックと優勝者たち【舩越園子コラム】
タイガーに勝った男が復活V 中日クラウンズ最終結果
畑岡奈紗ら出場 米LPGAツアー最終結果