「セルライトがついちゃって、どうにもなりません(泣)」というanan女子のお悩みに、美脚クリエイターの金井志江さんが答えてくれました。

3ステップのもみ出しでなめらかな美脚に!

セルライトは代謝の悪い部分に老廃物が溜まり、冷えて固まったもの。温めてから塊をつぶし、押し流すことで解消できる。

「おうちでセルライトをつぶすときは、深層燃焼マッサージがおすすめ。基本は“持ち上げる”“固定する”“つぶす”の3ステップ。片脚10分を目安に毎日行えば、お肉がやわらかくなり、次第にセルライトが目立たなくなってきます」

と、美脚クリエイターの金井志江さん。セルライトができやすい太ももの裏側や、リンパ節のあるそけい部、もたつきがちな膝まわりは、特に念入りにケアしたいところ。

「ただし、むくみがあっては効果が半減。毎日のマッサージなどで、むくみが取れて脚がすっきりしてきたな、と感じた頃に始めるのがおすすめです」

深層燃焼マッサージ

セルライトのケアを効果的にするためには、温めてからもみ出すことが大切です。“お風呂上がりには片脚10分ずつ”を習慣に!

1.親指以外の指でお肉を持ち上げる。

両手の親指以外の4本の指で、セルライトが気になる部位の筋肉と脂肪を下から上へと持ち上げる。

2.親指を当ててお肉をグッとはさむ。

つぶしたい部分の上側を親指でロックする。4本の指も親指の方に力を入れて、脂肪をグッと掴む意識で。

3.親指全体を使って、押しつぶす。

親指全体でできるだけまっすぐ下にスライドさせる。比較的強めの力でしっかり押しつぶすのがポイント。

金井志江さん 美脚クリエイター。脚やせ専門エステ『リフィート』代表取締役。著書は『太ももにすき間、ほしくありませんか?』(PHP研究所)など多数。

※『anan』2018年5月2・9日号より。写真・中島慶子 イラスト・小迎裕美子 取材、文・古屋美枝

(by anan編集部)