新緑に癒される! 港区エリアで休日サイクリングの旅

写真拡大 (全31枚)

爽やかな気候が続くこれからのシーズンはお出かけにぴったり! だけど長旅や、人ごみの中に行くのは大変だな……なんて思ってしまう人にぴったりなのが、自転車でスイスイお散歩を楽しむポタリング! 最近は都内での自転車シェアリングも充実しているから、自転車を持っていなくても大丈夫。

今回は、白金台駅から麻布十番駅までの港区エリアを巡ってきました。実は、たくさんの新緑に出合える穴場エリアなんですよ。自然に癒されつつ、風を切って走る爽快感も味わっちゃいましょう。


■旅のスタートは白金台駅から!





東京メトロ・都営地下鉄の2路線が通っているので、アクセスも便利な白金台駅。

今回は自転車を借りる前に、駅から歩いて5分程度の東京都庭園美術館に立ち寄ります。歩き始めると、さっそく歩道にたくさんの植物を発見!








今の季節だからこそ出会える色とりどりの花々にさっそく癒されます。


■庭園美術館の3つの庭園で新緑を感じよう





東京都庭園美術館は1983年に開館。国の重要文化財である旧朝香宮邸と2014年にリニューアルオープンした新館にて、会期ごとにさまざまな展覧会が催されています。

アートはもちろん、四季折々の自然が堪能できる3つの庭園(芝庭・日本庭園・西洋庭園)も見どころ。庭園入場料(一般200円)を支払えば、散策を楽しめます。庭園美術館全体の敷地はおよそ1万坪、うち3つの庭園を合わせると5000坪を超える広さだそうです。




庭園に入場すると、まずは広々とした芝庭が広がります。まるで森の中のように、背の高い木がたくさん。朝香宮邸のころからの道筋を復元した園路を歩くと、庭園ならではの落ち着いた雰囲気を味わえます。奥に見えるオシップ・ザッキン作の銅像など、美術館ならではの楽しみもいたるところに。




こちらは、彫刻家・安田侃(やすだかん)さん作の作品。芸術品も必見です。




園路を進むと日本庭園の中へ。池を中心に設計された道をぐるりと周ります。




途中には、重要文化財に指定されている茶室もあります。




登りきった築山から見えるのは、この景色! 思わず腕を広げて「ふぅ〜」と脱力してしまいました。




あおあおとした紅葉も見つけました。秋には赤く色づき、また違った顔が楽しめるそうで、季節ごとに訪れたい場所となりました。

園路をさらに進んで行くと西洋庭園に入ります。




今年改装工事が終了し、全面開園したばかりの西洋庭園は、テーブルやベンチがたくさんあり、ピクニックにもぴったり。




奥には、こんなにステキなレストランもあるんです。同じ庭園でもエリアによってそれぞれの表情があり、都心にいることをすっかり忘れてしまうくらいリフレッシュできました! 


■自転車に乗って麻布十番方面へ





白金台駅に戻り、自転車シェアリングを利用します。今回は駅の目の前にある、白金台いきいきプラザ前のポートを利用しました。インターネットで会員登録をするだけで、24時間いつでも自転車の利用が可能。どこのポートからでも貸出・返却ができるので、通勤やおでかけなど、いろいろな用途に合わせて使えます。料金も、1回会員ならば30分150円(税抜)〜ととってもリーズナブル!




麻布十番方面へ向かいポタリングスタート! 自転車用と歩行者用のレーンが分かれている道は、安心して走行できます。ハナミズキの木など、多くの緑を目にしました。


■AND ONE Floral Studioに寄り道♪





白金台駅から約10分、南麻布に一際目立つステキなお店を発見。






AND ONE Floral Studioさんは、生花、雑貨、プリザーブドフラワー、花器などを取り扱っています。洗練されていて日常生活に取り入れたい色彩豊かな商品がいっぱい! 初心者からプロの方まで通うフラワースクールも開講しているんですって。






もうすぐやってくる母の日ギフトのコーナーもありました。たくさんのアレンジメントが提案されているので、どんな人でもきっとイメージにぴったりのお花が見つかりますよ。


■日進ワールドデリカテッセンでグリーンショッピング





さらに麻布十番駅方面へ向かうと、スーパーを発見。日進ワールドデリカテッセンは、麻布にあるインターナショナルスーパーマーケット。食料品から日用品まで、さまざまな買い物を楽しめます。






1階の路面には、豊富な種類のグリーンが並んでいます。手に入りやすいお値段なのもうれしいですね。


■小腹が空いたら楽万コロッケへ





サイクリングも終盤に差し掛かり、麻布十番の商店街へ。




お腹が空いてきたので、楽万コロッケさんへ寄りました。






店内に入ると、おいしそうなコロッケがずらり。季節ごとに具材が変わる限定品もたくさんあり、どれにしようか迷ってしまうほど。

今回は、人気No.1の王道の和牛たっぷり特上コロッケ(1個=280円)、コロッケが丸々入ったコロッケパン(1個=421円)をいただきました。全てお店で手作りしていて、注文してから3〜4分待てばその場で揚げたてを提供してくれます。




こちらのコロッケは、ソースではなく昆布塩でいただきます! 北海道羅臼産の昆布とあら塩をミネラル水で8時間以上煮込んで作られた自家製のお塩が、ジャガイモの甘さを引き立てていて絶品!




ベンチに腰掛けて、ルイボスティーをいただきながら♪ 旅の途中にほっと一息つけるお店でした。


■旅の終わりは近くのポートで





新緑もおいしいものも満喫して、本日のポタリングは終了〜。返却は自転車を借りたポートでなくてもOKなので、麻布十番商店街近くの元麻布三丁目のポートへ。

これからの行楽シーズン、気軽に楽しむにもってこいのポタリング。体力に自信がない人も無理なく身体を動かせて、きっと爽快感を味わえるはず。次の休日は新緑にパワーをもらいにおでかけしてみてね。

(吉永涼+ノオト)


<取材協力>港区自転車シェアリング


東京都庭園美術館


AND ONE Floral Studio


日進ワールドデリカテッセン


楽万コロッケ