試合終了後に握手を交わす中日・松坂大輔と森繁和監督(写真中央)【写真:荒川祐史】

写真拡大

8四死球も6回1失点の力投、5回終了時で「どうだ?」に「行きます!」

 中日の松坂大輔投手が30日、本拠地ナゴヤドームで行われたDeNA戦で今季3度目の先発マウンドに上がり、日本球界で4241日ぶりの勝利をあげた。6回を投げ、DeNA打線を押し出し四球の1点のみに抑える力投。8つの四死球を与えながら3安打1失点にまとめ、2006年9月19日のソフトバンク戦以来となるNPBでの白星を掴み、チームの連敗も4で止まった。

 森監督は試合後、「確かに中日に来てからは当然勝っても初めてだと分かってましたけど、しばらく勝ってないんだなということは先ほど2人で話した時に感じましたけど、でもそんなに勝ってなかったんだという感じですね」と振り返った。

 5回終了時で交代させるつもりだったというが、松坂本人が続投を直訴。「本人がどうしても行くというのは、やっぱり先発ピッチャーは5回ではなくて、6回まで球数が120近く行くのは当たり前だっていうのがあいつの考えの中にもあるんでしょうから」と指揮官。さらに、「5回で勝利投手の権利を持ったまま代えてもいいのかなということで声をかけたら『行きます!』と。まぁ、『どうだ』と聞けば必ずあいつは『行く』と言うでしょうから、次(6回終了で)帰ってきた時に『もう1回行け』といったら『もういいです』と言ってたんでね。『行け』と言えば逆に言うし、そのへんはあいつらしいんですけどね」と続け、笑みを浮かべた。

 投球内容については「今回は一番悪いとは私は見てます」というが、そんな中で松坂がチームに白星をもたらし、中日は最下位を脱出。森監督は「今回こうやって同じユニホームを着るのは十何年ぶりですけど、あいつがドラゴンズのユニフォームを着てくれて、こうやって1勝してくれたのは…、(1勝)してくれればいいなという感じの獲得でしたけど、それが今4月の最後にこういう形でできたのは、彼自身も、私自身にも、チームにも、5月にいいことが起きそうな予感は少しは感じさせてくれて、ファンの方が喜んでくれればいなとも思います」と前を向いた。「平成の怪物」の復活の白星とともに、反撃を始めたいところだ。(Full-Count編集部)