ホーシェル&ピアシーが大幅ランクアップ(撮影:GettyImages)

写真拡大

米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」が終了し、4月29日(日)付けのFedExカップポイントランキングが発表された。
【動画】小平智が優勝!RBCヘリテイジ最終日ハイライト
2人1組によるチーム戦を制したのは、ビリー・ホーシェル&スコット・ピアシー(ともに米国)ペア。ホーシェルは100位から33位に、ピアシーは70位から27位へと大きく順位を上げた。
同大会でダニエル・サマーヘイズとタッグを組んで6位に入ったトニー・フィナウ(ともに米国)は、2ランクアップの8位に浮上しトップ10入りを果たした。ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と戦って19位タイで大会を終えたジャスティン・ローズ(イングランド)は順位を1つ下げて9位となった。
そのほか、1位ジャスティン・トーマス、2位パットン・キジーア、3位バッバ・ワトソン(いずれも米国)が上位を維持している。
【FedExカップポイントランキング】
1位:ジャスティン・トーマス(1769pt)
2位:パットン・キジーア(1329pt)
3位:バッバ・ワトソン(1286pt)
4位:フィル・ミケルソン(1248pt)
5位:パトリック・リード(1216pt)
6位:ダスティン・ジョンソン(1176pt)
7位:ジョン・ラーム(1139pt)
8位:トニー・フィナウ(1074pt)
9位:ジャスティン・ローズ(1030pt)
10位:アンドリュー・ランドリー(1011pt)
53位:タイガー・ウッズ(476pt)
75位:松山英樹(358pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
小平智が凱旋!注目の渦にとまどいながらも…目指すは「30代でマスターズ優勝争い」