量もちょうどいい!
おひとりさまでも大満足!味と素材にこだわるとっておきの中華屋さん3選

中華料理というと、大人数でシェアしてたべるイメージが強いですよね。そんなイメージを覆す、ひとりでも丁度良い、とっておきの中華料理店をご紹介します。

1.ファン続出!体の中から綺麗になる餃子〈按田餃子〉/代々木上原

グルメスポット代々木上原の一角にある〈按田餃子〉は、今は多くの美食家たちが絶賛している注目店。餃子は水餃子のみ。鶏か豚肉をベースに風味の異なる全4種の茹でたて水餃子は、どれもすーっと体に染み入る滋味がある。

搾菜、白菜と生姜など、具野菜の取り合わせは特別な素材でこそないが、互いを引き立てるいい組み合わせ。まずはタレ無しでその優しい風味を味わいたい。

バランスの良い「水餃子4 種+豚そぼろ飯+海藻湯の水餃子定食」972円を始め、キクラゲや金針菜たっぷりのラゲーライス、発酵茶が人気メニュー。

「豚肉ベースに大根と搾菜」は、搾菜の塩気が肉と干し大根の甘みを引き出すような名コンビ。コクのある旨味が定番人気。

(Hanako1123号掲載:photo:Masahiro Goda edit & text:Chiyo Sagae)

2.ひとり分の中華がうれしい〈広東料理FOO〉/松陰神社前

昼でも夜でもひとり分の中華を提供することで、おひとりさまにも人気の〈広東料理FOO〉。カウンターでのんびり中華を楽しめる。

自慢は海鮮もの。レンコ鯛など五島列島から届いた魚を一匹使った「蒸し魚のランチ」2,000円(税込)は必食。夜も単品で提供。点心など充実のメニューは化学調味料不使用で体に優しい。

(Hanako1146号掲載/photo : Kenya Abe,Megumi Takei text : Nami Hotehama)

3.看板のないお店の絶品中華〈月世界〉

表に看板はなく、薬膳酒の瓶がずらっと並び超怪しげなこちらのお店。そんな外観からは想像もつかないような、マニアックな中華が絶品で店内は連日満席!

いただけるのは、40種類以上の自家製醤を使用した旬野菜の料理や、王道の中華にひと捻りくわえた薬膳料理など女子に刺さるメニューばかり。ここでは、痺れる辛さのよだれ鶏に始まり、山椒と八角香る汁なし担々麺まで本能の赴くままに食べるのが正解。

(Hanako1121号掲載:photo:Masato Moriyama text:Ayano Saka(i verb))