こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ。

☆☆☆

突然ですが、みなさんは、お見合いアプリで知り合った相手のこと、ネットで調べたことありますか?

臆さずに言いますが……私はあります!メッセージのやり取りをしていく中で、「良いかも」と思うようになってくると、もっと相手のことを知りたくなって、ちょっと検索してみようかなという感じになり、しまいにはネットポリス状態に!

周りの友人達も、どうやら本気度が増してくるにつれて、ネットポリス化する人が多い傾向。今回は、そんな、“お見合いアプリで知り合った相手を調べること”について書いていきたいと思います。

「自分は全然調べたこと無い!」っていう人は、相手から何を調べられているかの参考になるかも。

そもそも、彼女たちがネットポリス化する理由

気になる相手のことは、もっと知りたくなって当然!?

相手のプロフィールを見ていて、「ちょっと良さそう」と思って、“いいね!”を押した時点では、よっぽどインパクトの強いプロフィールでない限り、まだネットポリス化する女性はほとんどいません。
メッセージを重ねるにつれて、だんだん“「良いかも」度“が上昇し、本当にその人が自分の思った通りの良い人なのかを判断する上で、情報がもっと欲しくなり調べ始めるのがほとんどです。
調べる理由としては、ざっくり2つに分けられます。

(1) アプリで公開している情報に嘘が無いか確認したい
(2) もっと多角的な情報を得て、その人が自分に合った人なのか判断したい

いずれも、本気度が上がったタイミングで気になってくるポイントです。
「良い人そうだけど、本当に独身なのかな?」とか、「メッセージだと、ちょっと天然っぽいキャラだけど、友達とはどういう感じで接してるんだろう?」とか、「すごくモテそうだけど、実際はどうなんだろう?」といったきっかけで調べはじめる人が多いようです。
合コンなど、共通の知り合いがいる人との出会いじゃない、お見合いアプリだからこそ、相手のことを調べたくなりますよね。

みんなの“調べる方法”あれこれ

まずは定番、Google検索から?

「そんなに調べたりしてないよ〜」という人でも、「え?一度も調べたこと無いの?」と問いつめると、「本名を教えてもらったタイミングで、Googleで名前の検索をしたことはある」という人がほとんど。定番のGoogle検索!

そうして何気なくやったGoogle検索で、個人のTwitterやFacebook、さらには会社のリクルート向けのインタビューや大学時代のゼミの研究発表まで出てくることも……。思った以上にいろいろ出て来すぎると、「ここまで読んじゃって良いの?」「私、ストーカーっぽいかも!」と、若干後ろめたい気持ちになってしまったり。

一方Facebookは、“知り合いかも?“に出てくると検索してるってバレて気まずいので、自分のアカウントでは調べずに、友達といる時に、友達のアカウントから調べて見せてもらっているという人も結構いました。そして、Facebookで共通の友人がいたら、それとなく、どんな人か聞いてみる流れも。私も実際、Facebookで共通の知り合い(会社の同僚)にそれとなく聞いてみたことがあるのですが、実は当時の会社に良く出入りしている制作会社の人で、メッセージでお互い「そのうち仕事で会うことになりそうですね」などと言いつつ、気持ちがしぼんでいったことがあります。

本名がわかるといろいろ調べてみたくなってしまいますが、本名がまだわからない時点でも、調べる人は調べています!

プロフィールに記載されている情報から、勤務先の公式Facebookページを見てみたり(本当にその人がその会社に所属しているのか、集合写真を目を皿のようにして見たり)、Google画像検索でプロフィール画像から検索してみる人も。ここまでいくと、かなりのネットポリス度……!どこまで調べるかは、おのおのの判断に任せますが、常識の範囲内&法に触れない範囲内でおこないましょう……。

もちろんこっちだって調べられている!

あなたが調べたことは、相手も調べている!?

ここまで女性目線で男性を調べている話を書いてきましたが、もちろん、あなたが調べているように、相手もあなたのことを調べている可能性は高いです!

インタビューをした中では、“相手のことをネットで調べている人の割合”は圧倒的に女性の方が多かったですが、男性も少なからず女性のことを調べていることをお忘れなく……!

そんなわけで、私の場合、お見合いアプリで一番緊張したのは“本名を教えるタイミング”でした。念のため、自分のスマホとパソコンから本名をエゴサーチしてから、覚悟の上で送っていました。20代の頃に書いていたブログに“失恋して凹んでいる自分ポエム”みたいな記事を発見した時は、速攻で消しました!危なかった……。

TwitterやFacebookの投稿の公開範囲などのプライバシー設定も、これを機に一度見直してみるのも良いかもしれません。

さて、後編の漫画では、ネットポリス化したせいで勃発した、みんなの珍事をご紹介!知らなきゃ良かったあんなことこんなこと……あなたも身に覚えがあるかも!?〜その2〜に続きます。