出典: https://www.shutterstock.com

男性だって“愛されたい”と、しみじみと感じるようなときがあるものです。

どういったときにそのような心境になるのかを理解できると、気になる男性との距離も一気に縮められるかもしれません。

そこで今回は、男が“愛されたい!”と強く感じる瞬間を紹介します。

 

■「大きなミス」をしてしまったとき

仕事で大きめなミスをしてしまったり、何か失敗をして精神的ダメージを負ってしまったりしたら、男性もひとりでは抱えきれなるもの。やはりそういった状態にあるときには、誰かにやさしく包み込まれたいような気分にもなることでしょう。

そして、男性は弱っているときには、女性に“慰めてほしい”とか“癒してほしい”と、ふと思うこともあります。

そんな気持ちを察知して、さりげなくやさしく接してきてくれるような女性には、自分への愛情のようなものも感じるはずですよ。

 

■「孤独感」にさいなまれているとき

大きな孤独感や虚無感のようなものにさいなまれているときは、ひとりでいることの寂しさに耐えきれなくなり、“愛されたい”という思いが湧きあがってくるものでしょう。それはもちろん男性だって同じことです。

特に、ひとりでいることが苦手だったり、寂しがり屋な男性は、孤独感に大きなダメージを受けたりもしやすいです。

そういったタイプの男性には、そっと近くに寄り添ってあげると、あなたの存在の大事さにも気づいてもらえるかも。

 

■自分の「味方」がほしいとき

自分の中で迷っていることがあったり、このまま突き進んで大丈夫なのかとちょっと不安に感じたりしているとき。

そんなときに、何気なく背中を押してくれたり、前向きな気持ちにさせたりしてくれるような女性がいたら、男性にとってそれほど心強いものはないでしょう。

いつでも自分の“味方”になってくれるような女性には、男性も“愛”を感じるもの。だからこそ、自信が少し薄れていているようなときには、そういった味方になってくれるような愛情を強く欲するはずですよ。

 

■「達成感」に満たされているとき

寂しさや不安を抱いているようなときだけではなく、逆に達成感に満たされているようなときにも、男性は女性から“愛されたい”と感じることが多いです。自尊心や優越感を満たしたいという欲望が生まれてくるのでしょう。

特に、仕事で大きな達成感を得たときには、かなり気分も良くなるものなので、女性から褒められたり感心されたいという思いにもなりやすいです。

ちゃんとその思いを見抜いてプライドを上手にくすぐってあげると、あなたに対する印象も格段にアップするかも。

 

“愛されたい”という気持ちになっているときに、さりげなく寄り添ってくれるような女性には、男性も心を奪われてしまうはず。

だからこそ、男性の心情の変化にもいち早く気づいてあげることが、とても重要になってくるでしょう。

【画像】

※ Kseniya Ivanova/Shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】