芳醇なバターのコクがじゅわっと広がる!
パリのトップシェフが手がける「ホールフィナンシェ」から、懐かしの洋菓子まで。やっぱりベイクスイーツは「しっとり」がいい!

一口食べた瞬間、芳醇なバターのコクがじゅわっと広がるしっとり系ベイクスイーツ。パリのトップシェフが手がけるフィナンシェから懐かしの洋菓子まで、そんなしっとり食感がたまらない極上の焼菓子をご紹介します。

1.〈PHILIPPE CONTICINI〉のボルディエのバターを練り込んだ、切り分けて食べる「ル・フィナンシェ ボルディエバター」

パリのガストロノミー界の巨匠、フィリップ・コンティチーニ氏が手がける、世界初のパティスリー&カフェ。目の前で仕上げるカフェのデセールが評判だが、彩り豊かな生菓子、焼き菓子も充実している。中でも、ずっしりと大きい、切り分けて食べるフィナンシェは代表的な焼き菓子の一つで、フランス・ブルターニュ産の発酵バター「ボルディエ」を生地に練り込んでいるのが特徴だ。伝統的な手練り製法で作られる香り高いバターの風味とやさしい甘み、しっとりきめ細かく焼き上げた生地の食感が格別。1個3,000円。

〈PHILIPPE CONTICINI〉
■東京都中央区銀座6-10-1 〈GINZA SIX〉B2
■03-3289-4011
パリのガストロノミー界の巨匠、フィリップ・コンティチーニ氏が手がける、世界初のパティスリー&カフェ。カウンター席では出来たてのデセールが楽しめる。

(Hanako1142号掲載/photo : Satoshi Nagare, Akiko Mizuno text : Yukari Akiyama, Mutsumi Hidaka)

2.〈PALETAS GINZA SIX店〉のブランデー風味の「パウンドケーキ ドライフルーツナッツ」

新鮮なフルーツの甘みや果汁を生かしたフローズンフルーツバーの人気店。カラフルなアイスが目を引くが、店舗限定のしっとりと焼き上げたパウンドケーキも見逃せない。ブランデー風味のケーキに、旨みを凝縮したアプリコット、イチジク、オレンジピール、ナッツなどをあしらっている。愛媛の伊予柑や、さくらんぼピスタチオも。1個1,780円(税込)

〈PALETAS GINZA SIX店〉
季節の果実のおいしさをジェラートやヨーグルトにとじ込めた、フローズンフルーツバーの人気店。店舗限定のしっとりと焼き上げたパウンドケーキも話題。
■東京都中央区銀座6-10-1 〈GINZA SIX〉B2
■03-6263-9833

(Hanako1142号掲載/photo : Satoshi Nagare, Akiko Mizuno text : Yukari Akiyama)

3.〈みるくの樹〉の「みるくの樹」/浅草

ザクッとしたパイ生地のはちみつりんごパイも有名だが、ほんのりした甘さと口どけのよさが自慢の焼菓子も人気。みるくの樹(6個入り)1,140円(税込)。

〈みるくの樹〉
■東京都台東区浅草1-40-5 
■03-3847-1203
■10:00〜21:00 無休 

(Hanako1144号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Etsuko Onodera, Keiko Kodera, Wako Kanashiro)