困ったときに優しくフォローしてくれる男性上司。年齢を感じさせないルックスと年上ならではの包容力に、ドキッとした経験がある女性も多いのでは?

でも、実際にフタを開けてみたら、やっぱり中身はオッサン……。「LINEしなければよかった」と後悔する女性が意外と多いんです。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、20〜30代の独身女性を対象に、思わず背筋がゾッとした“上司からの痛々しい若作りLINE”を大暴露してもらいましたよ。

 

■長文を細かく分けて連投してくる!

「オッサンでもLINEで長文を送るのはよくないことは分かっているんだろうね。“おはよう!”“今なにしてるの?”“俺はね……”と、何通にも分けて連投してくる。しかも、文字を打つのが遅いのか微妙に時間をかけながら。でもさ、一度も返信してないのに懲りずにメッセージを送り続けてくるのって、長文を送るのと同じじゃない?」(26歳/サービス業)

チャット形式でスピーディーな会話が楽しめるLINEでは、長文を送るのはNG! きっとその上司も、どこかでそういったことを聞いたことがあるのでしょう。メッセージの大半は1〜2行で終わる短い文章のようです。

でも、既読マークが付く前にズラズラと連投されたら「ビジネスメールみたい」「長文と同じでしょ!」と思わずゲンナリ……。どんなに見た目が若々しくても、これではやっぱりオッサンだな……と引いてしまうのも無理はありません。

 

■「!」「?」「汗マーク」などの絵文字をよく使う

「何を勘違いしているのか、文章の終わりは必ず絵文字。だから“?”や“!”は必ず絵文字変換してくるんだよね。あとどうしてそんなに汗かいているのって突っ込みたくなるくらい、汗マークを多用してくる。」(28歳/事務)

女性たちが「わかる!」と盛り上がっていたのが、疑問符や感嘆符の絵文字。普通に送ればいいところを、あえて絵文字に変換してしまうのがオッサンの特徴と言えるかもしれません。

ほかにも「汗マークが多い」「2〜3個の絵文字を組み合わせて送ってくる」「顔文字を使う」「句読点の位置がおかしい」など、厳しい指摘が多数! 若作りするのはかまいませんが、このズレはちょっと痛々しいですね。

 

■聞いてもいないのに「俺通信」を送ってくる

「オッサンって“今日○○したよ”“お昼に食べた○○美味しかったよ”とか写真付きで報告してくるよね。ぶっちゃけ反応に困るようなどうでもいいことばかりだし、コレが送られてきた時点で興味がなくなる。」(29歳/歯科衛生士)

まるでビジネスメールや業務の報告書のように、「今日のお昼は○○に行ったよ」「○○が美味しかった」「夜は○○をしました」と写真付きで報告されても、反応に困ってしまうもの。でも、毎日顔を合わせる上司だと、スルーするわけにはいかないのが辛いところですよね。

さらに面倒なのは「寒いから/暑いから○○しちゃダメだよ」と体調を気遣ってきたり、「今度一緒に行ってみよう」「○○ちゃんは好きかな?」とお誘いが含まれていたりするケース。若々しくフランクに接してくれるのは嬉しいですが、“特別な関係は望んでいない。ただ上司らしくあってほしい”というのが多くの女性の願いかもしれませんね。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

ちなみにいま、女性の間では、オッサンになりきってメッセージを送り合う“おじさんLINEごっこ”が流行中だそう。あなたも今回ご紹介した“上司からの痛々しい若作りLINE”を参考に、超リアルなおじさんLINEごっこを楽しんでみてはいかがですか? 頑張って若い女性とやりとりしようとする上司の気持ちがちょっとだけ理解できるかもしれませんよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ Mangostar/shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】