最後はガッツポーズ締め!蛭田みな美がステップ初優勝を飾った(撮影:標英俊)

写真拡大

<九州みらい建設グループレディース 最終日◇28日◇武雄ゴルフ倶楽部(6,255ヤード・パー72)>
国内女子ステップ・アップ・ツアー第4戦「九州みらい建設グループレディース」最終日。初日から2日間首位を守っていた蛭田みな美が、この日も「70」とスコアを伸ばし、トータル8アンダーで逃げ切り。完全勝利でステップ初優勝を飾った。
【LIVE写真】九州みらい建設グループレディース 3日間の熱戦を写真で振り返る!
1番のティショットでいきなりOBとなりボギー発進も、4バーディ・2ボギーで結果的には2位に3打差をつける快勝。大勢のギャラリーに囲まれた最終18番パー5では約5メートルのバーディパットを沈め、「初めてやりました!あまり出ないほうですが無意識に」というガッツポーズでギャラリーの歓声を引き出した。
試合後には「本当に嬉しいです。優勝という経験から遠ざかっていたので」と笑顔を見せた蛭田。
アマチュア時代には「日本女子アマ」制覇などの実績を残し、プロの舞台でも、ステップでのアマ優勝にあと一歩のところまで迫った。高校卒業後のプロテストに一発合格し、ルーキーイヤーの2017年はレギュラーツアーフル参戦するも賞金ランク70位でシード獲得はならず。今季はQTランク68位で、レギュラーツアーのリランキングを狙いながら、ステップで経験を積む立ち位置だが、「出場する試合は全部勝つつもりで戦う」との意気込みで臨んだ舞台で念願の初勝利を掴んだ。
優勝インタビューで「この経験をかてにもっとレギュラーツアーでも活躍したい」と語ったとおり、今後もレギュラーツアーの現地ウエイティングや主催者選考会へ出場しつつ、ステップでの優勝を狙う構え。来週は今季国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のウエイティング待機でチャンスをうかがい、5月8日(火)には「全米女子オープン予選会(茨城県・大利根CC)」に出場。その翌日にはぶっつけ本番で、ステップ第5戦「静ヒルズレディース 森ビルカップ」に参戦予定だ。
「静ヒルズレディース 森ビルカップ」の開催地・静ヒルズCCは、中嶋常幸が指導する「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」の練習拠点で、昨年大会は中嶋も会場に姿を見せている。「アカデミー生でもありましたし、昨年の後半はアドバイスもいただいたので、しっかりと体調を管理して(中嶋の前で)優勝を目指したいです」と、恩師の前での"連勝"に意気込んだ。(文・標英俊)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【LIVE写真】サイバーエージェントレディス 2日目の様子も現地からお届け!