今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省の労働力調査でも2016年の転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加予測。

そこで、本連載では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何かを語っていただきました。

皆川直美さん(仮名・36歳・東京都出身)

転職回数……2回
転職した年齢……28歳、29歳
年収の変化……200万円→350万円→450万円
学歴……有名女子大学英文学科卒業

容姿がいいから、女性から標的にされることを自覚

新卒時は、親のコネで都内の信用金庫、28歳で転職したのは、大手デベロッパーの契約社員、そして今はIT関連会社の正社員として働いています。私の仕事における問題点は、女性上司や先輩から敵視されて業務が回らなくなること。原因はわかっていて、私が人よりもかわいくて、スタイルがいいからなんです。

顔がかわいいというのは、この日本ではとても不利なことだと思います。女性からパワハラに遭い、男性からはセクハラをされる。人並外れた美しさならそんな被害に遭わないのでしょうけれど、私は一般的な合コンで一番人気になる程度の容姿です。だから、女性から嫉妬されて業務妨害されるのが関の山でした。

男性がいると、女性の人間関係はガタガタに崩れる

新卒で勤務した信用金庫は窓口業務をしていたので、女性が中心で、パートの方ともうまくやっていたんです。しかし、5年目に営業のアシスタントになり、社内のエースと言われている、そこそこイケメン社員(35歳・独身)と組まされたんです。そうしたら、女性の同僚や先輩からの嫌がらせがスタート。話しかけても返事はない、あいさつしても返って来ない、業務上必要な書類は隠される、ミスを擦り付けられるなど散々な目に遭いました。

仲が良かったはずの同期からも無視される

男性が絡んでくると、女性の人間関係はバランスが崩れてしまう

また運が悪いことに、エース男子が私のことを好きになってしまい、私のことをあからさまに守り始めたんです。そうなると状況はますます悪化。女性の先輩や上司からの風当たりはますます強くなる。そうなればなるほど、エース男子は私に対する恋心が盛り上がる……私に対するストーカー的な行為もあり、あの時は辛かった。

ちょっとモテる男性ってこじらせていて「俺のことはすべての女性が好きなはず」とピュアに思い込んでいる。ドヤ顔で超小さいダイヤが付いたペンダントをプレゼントしてきました。それをお断りしてから、まさに四面楚歌状態に。あと余談ですが、当時私は競馬のジョッキーと交際していて、社内のエースの年収は、彼の1/4でした。

いじめ対策に役員出動!そこでセクハラに遭う

業務が回らなくなったことを察した役員が、社内でいじめ対策委員会を立ち上げました。それで私の立場はますます悪くなってしまった。私も「ここで辞めたら、意地悪女たちの思うつぼだ!」と頑張ったのですが、上の人が出てきてしまったら空気は変わる。

しかもその役員は、役員面接を個室で行ない、「困ったことがあったら、直美ちゃんは僕を頼ってくれ」と言いながら手を握って来たんです。しかも両手で(笑)。今なら完全にアウトですよね。それでなんだかすべてが面倒になり、会社に辞表を提出しました。

28歳の転職を期に、ジョッキーと別れ、電撃結婚を決める

物事が動くときは、全てが変わるもので、23歳の時から付き合っていた彼と、信用金庫を辞めた時に自然消滅してしまったんです。

彼とは3年間同棲していて、家賃と生活費の全てを彼が支払っていたので、私の貯金は600万円以上ありました。別れたときに一人暮らしの部屋を探したのですが、いい物件がなかなか見つからない。八王子の実家に戻って立て直しをしようとしたときに友達の紹介で現在の夫と知り合い、たった3か月で結婚。結婚は勢いとノリです。10歳年上の夫はコンサルティング会社を経営していて、年収も高い。専業主婦になってもよかったのですが、夫とはいえ人に人生を預けるのがイヤで、大手マンションデベロッパーの契約社員になったのです。

女性の先輩はあからさまに業務妨害した。ファイルがごっそりなくなったこともあった。

女性社員からのいじめが再び勃発!?「独身の女性には、何らかの問題がある」と直美さんが言う背景にあるものとは?〜その2〜に続きます。