「脳活」「腸活」「腸内フローラ」など、健康な生活をおくるために脳や腸に着目した活動が話題になっています。腸は消化器官と思われがちですが、実は「第二の脳」と呼ばれているのをご存知ですか? そんな脳と腸の関係性に注目した、ビューティーライフについてご紹介します。

美をつくるのは健康な体

美を追求する女性たちは、結局美しさに必要なのは健康な身体だということに気づいています。食事や運動に気を配り、身体の内面から整えている人が醸し出す美しさは、外見だけを整えている人の美しさとは質が違います。年齢を重ねてもアクティブに生活する女性が増えてくると「健康であることが美の近道」という認識が高まるのも当然ですね。

「脳腸相関」に着目する

「脳腸相関」とは、生物にとって重要な器官である脳と腸が、お互いに密接に影響を及ぼしあう状態を示します。私たちの身体は自律神経(神経系)やホルモン(内分泌系)、サイトカイン(免疫系)などの情報伝達経路を通じて互いに影響しあっています。

司令塔である脳→腸への伝達はわかりますが、逆方向の腸→脳という流れがあり、腸からもシグナルが伝達されています。例えば腸に病原菌が感染すると、脳で不安感が増すとの報告があります。腸は脳のような神経細胞やネットワークを持ち、脳とつながって気持ちをリラックスさせたり、不安にさせたりしているのです。

今までは脳、腸というそれぞれの部位が注目されていました。本来身体に備わっている「脳腸相関」をベースに考える方法は、神経・免疫・ホルモンの相互作用により身体全体の機能を整え、「身体・肌・心」が健やかで美しい状態に導こうというものです。

本来の身体のしくみを活かす

「美しい生活文化の創造」をミッションに「美」を見つめてきた資生堂で、そんな「脳腸相関」に着目したサプリメントブランド「N.O.U(エヌオーユー)」が誕生しました。「N.O.U」は健康補助食品としてヘルシーライフをサポートする「基礎アイテム」と、機能性表示食品である「機能性アイテム」、そして「生活習慣アイテム」から、目指したいヘルシーライフに合わせて選択できます。

「基礎アイテム」の「N.O.U ザ・サプリ」は、認知機能を維持する作用が報告されているDHAやEPAを配合し「脳」をサポート。また「機能アイテム」には、腸内環境を良好にする「N.O.U サプリ フローライザー」と、膝関節の動きに役立つ「N.O.U サプリ ジョイナー」があり、どちらも機能性表示食品になっています。

「生活習慣アイテム」は玄米黒酢の「N.O.U ヘルシービネガー」や、与那国島に自生するパワーベジタブル「長命草」を含んだルイボスティー「N.O.U ヘルシー ティー」があります。こちらはサプリメントとは違い、毎日のリフレッシュタイムに楽しむことができます。

4月21日には、ヘルシーライフに関するアドバイスがスタート。特定の化粧品専門店で、健康管理能力検定2級を取得したアドバイザーから健康生活状況に合わせたアドバイスをもらうことができます。化粧品を買うついでに、「脳腸相関」がチェックできるなんて嬉しいですね!

「興味はあるのに、必要なサプリメントがわからない」という方は、このタイミングで自分に合うアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか? アドバイス店舗はこちらから検索できます。

N.O.U