【中日クラウンズ 初日】

 日本選手5人目の米ツアー優勝を遂げた小平智(28)が、今大会に凱旋出場している。予選ラウンド2日間は選手会長の石川遼(26)と、前年覇者でともにマスターズに出場した宮里優作(37)との注目ペアリングになった。

 初日は宮里が2アンダー13位タイにつけ、小平と石川は1アンダー21位タイと、3人ともさして見るべきものはなかった。

「日本の芝が久々だったので、距離感もなかなか合いづらかった。米ツアーはフェアウエーにいっても、少し球が沈んでいる。こちらだとコーライ芝なので、いいライだと思いがちですが、結構打ち込むと球の下に隙間があるので上っ面に当たる。そのアジャストが難しかった」(小平)

 小平の2018年は米ツアーのソニーオープンから始まり、シンガポール、ミャンマー、豪州、メキシコ、米国と海外転戦が続いて9試合目のRBCヘリテージで米ツアー優勝。先週、帰国し、日本でプレーするのは今年初めてだ。

 久々の日本の芝に戸惑ったわけだが、20年までの米ツアー出場権を獲得して本格参戦を表明したのに、わざわざ中日クラウンズに出る必要があったのか。

「米ツアーでダメでも日本ツアーの逃げ道がある、という甘い考えがあるのなら向こうでは戦えない。昨年は賞金王よりもマスターズに出たいと言ったぐらい海外志向が高く、せっかくチャンスをつかんだのだから国内大会に出ている場合ではない。米ツアーのコースにはいろんな芝があり、もっと経験を積まなければいけない。昔、樋口久子が日米を行ったり来たりでグリーンのスピードの違いからイップスになったことがある。苦しくても徹底して米ツアーで戦うべきです」(評論家・菅野徳雄氏)

■めったに出場しない松山

 今大会はパー70設定ながら総距離6557ヤードと米ツアー会場に比べたら箱庭同前だ。もちろん出場メンバーを見れば世界ランク100位以内は小平と宮里の2人しかいない。世界トップ3のD・ジョンソン、J・トーマス、J・スピースとしのぎを削るハイレベルの試合とは訳が違う。

 甘いコースでへぼ連中と一緒にプレーしたら小平にもヘタがうつる。松山英樹は日本ツアーメンバーを返上したこともあるが、国内大会にはめったに出てこない。

 小平も世界でもっと上を目指すのなら、松山のように日本ツアーを見捨てるぐらいでないとダメだ。