4月30日は蠍座の満月 独占欲や嫉妬心を手放して、深い愛情を手に入れよう!

写真拡大

 4月30日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】蠍座
【満月になる時刻】4月30日9:58
【蠍座満月のキーワード】「変化・変容」「鋭い洞察力」「破壊と再生」「深い絆」「所得・財産」……etc.

 蠍座は、「生(性)と死」など、人間の深いところに関わる星座。不屈の精神力や、物ごとの核心に迫る洞察力など、とてもディープな力を持っています。心の奥底で静かに湧くマグマのようなエネルギーがあり、愛情も深く、一途です。

 その分、深い愛情や意志の強さは、嫉妬心や独占欲、支配欲という方向にも向けられてしまいます。これらは誰の心にでもある感情ですが、とても扱い方が難しいものではないでしょうか。今回の満月は、はそんなやっかいな感情や思考癖の手放しに最適です。

 さらに蠍座満月のときは、「根本からの自己変容」や「ゼロから再スタート」できる力が働きます。ネガティブな感情を思いきり手放して、前へ進むパワーへと変換していきましょう!

■蠍座満月にオススメの手放しテーマ

 蠍座の満月は、「性的パートナー」や「血縁関係者」など、近しい人との問題に関する手放しにも最適です。また「変化を怖がる心」や「恋愛恐怖症」など、深層心理レベルの問題も、この満月で手放し&改善を誓っていきましょう。

★蠍座満月の手放しテーマ★
「嫉妬心が激しすぎる」
「すべてを自分の思うように支配したいと考えてしまう」
「閉鎖的な性格傾向や頑固さがある」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■蠍座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような蠍座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★蠍座満月の改善ワーク★
「ひとつのことを成し遂げる集中力を得る」
「根本からの変容を成功させる」
「一途に愛し続ける力を手に入れる」……etc.

 蠍座での満月は、1年間の満月の中で一番「自分自身の内へとむかう力」が高まります。じっくり自分の心と向き合うことで深い変容を目指せる、貴重なタイミングなのです。そのため、この日は1人で過ごすか、とても親しい人と少人数で過ごすのがオススメ。ありのままの心を見つめることで、自分にとって理想的な手放し&改善ポイントが自然と浮かんでくるはずです。

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージでおこなってみてください。万が一、曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

 5月には、天王星の移動という大きな運気の変化が訪れます。この蠍座満月でかたくなな思い込みを手放して、新しい運気の波に乗っていける「変容の力」を手に入れましょう。
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock