数えきれないほどの女性が悩まされている月経前症候群(PMS)。生理の前に激しい腹痛や頭痛、気分の浮き沈み、不安感、抑うつ感などの症状が現れます。あまりにもPMSが激しいので、何もできなくなってしまう人さえいます。

腹痛やストレスにサヨナラできる食材は?

PMSになったら、薬に頼ろうとするかもしれませんが、多くの症状を軽くするために役立つ食品があるという研究結果がもたらされました。この6つの食品を次にご紹介します。

ピーナッツバター

生理の間、どうしても気分が落ち込んでしまう方には、ピーナッツとピーナッツバターが適した食品です。ピーナッツにはビタミンB6とマグネシウムが豊富に含まれています。 マグネシウムは、うつ症状と闘ってくれる天然の“気分安定薬”であるセロトニンを作り出すのを助けますから、気分をよくしてくれます。セロトニンに加えて、身体の睡眠機能の調整に関わっているホルモン、メラトニンの生成も、ビタミンB6がうながします。マグネシウム、カルシウム、ビタミンB6を多く取れば、腹痛を軽くしてくれるものです。

ポーク&ビーンズ

豚肉&豆類は、PMSを防ぐ可能性が証明されているビタミンB群の「チアミン」と「リボフラビン」が豊富です。マサチューセッツ大学アマースト校の研究によると、毎日1.9ミリグラムのチアミンと2.5ミリグラムのリボフラビンを取った女性は、PMSになるリスクが低くなると分かりました。つらい腹痛を起こさないために、豚肉85グラムと調理した豆1カップを定期的に取ってみてください。

ホウレンソウ

PMSによるニキビに悩まされている方は、ホウレンソウをもっと食べてみましょう。ホウレンソウには、ニキビや乾燥肌に有効で紫外線からも保護してくれるビタミンAが豊富に含まれています。また、同様に多く含まれているカルシウムは、ある大規模な研究によると頭痛や腹痛、気分の変わりやすさ、異常な食欲増加などのPMS症状を半減してくれるそうです。

サーモン

これひとつでいろいろな症状に効く食品となれば、鮭もよい食材。元気が出なくて、ストレスに負けそうで頭がぼんやりしているならいいかもしれません。鮭はオメガ3脂肪酸が豊富ですから、気分と脳の働きの両方を助けてくれます。ビタミンB群もとても多く、元気回復にも効果的。さらに、ビタミンDもたっぷり含まれていますから、ストレスや緊張を軽くしてくれるものです。

ダークチョコレート

月経前にダークチョコレートが無性に欲しくなったらそれは納得。ダークチョコレートには、血液の循環を良くして血圧を下げる抗酸化物質がぎっしり詰まっています。疲労感やイライラに効果があるマグネシウムも豊富です。

バナナ

月経の2日も前から腹痛に悩まされることもあります。そのような場合には、食事にバナナを1、2本はどう? バナナはカリウムが豊富ですから、腹痛に効きます。

Rochaun Meadows Fernandez/6 Foods Scientifically Proven To Fight PMS Symptoms

訳/STELLA MEDIX Ltd.