<九州みらい建設グループレディース 2日目◇27日◇武雄ゴルフ倶楽部(6,255ヤード・パー72)>
国内女子ステップ・アップ・ツアー第4戦「九州みらい建設グループレディース」2日目。初日の競技を終えて、4アンダー・首位に立ったのは蛭田みな美、丹萌乃、澤田知佳。蛭田は2016年プロテスト合格、そして丹と澤田はTP単年登録で今季からプロデビューと、2日目の最終組はフレッシュな顔ぶれとなった。

蛭田は初日最多の6バーディを奪取。パッティングの好調さを継続し、初日の課題としたアプローチを修正して、スコアを伸ばしたいところ。ショートゲームが強みの丹、澤田は耐えるゴルフで上位に踏みとどまることができるか。
3人を追う1打差の4位タイには、昨年プロテストに合格した坂下莉翔子と中井美有、そしてステップ通算2勝の中山三奈。また今季ステップ2戦出場でともにトップ5フィニッシュをしている青山加織が1アンダー・9位タイグループにつけている。
上位陣の初日ラウンド後のコメントは以下に掲載。
蛭田みな美(4アンダー・首位タイ)「パターが普段と比べて入ってくれたので良かった。アプローチが良くなかったので、グリーンを外したときに耐えるため、アプローチを練習して2日目に挑みたい」
丹萌乃(4アンダー・首位タイ)「今季初の60台が出ました。パーオン率が課題なのですが、今日はのせたところをしっかり決めて、バーディを5つ獲ることができました。先週は仲のいい高木萌衣が優勝したので、自分も勝ちたい気持ちが高まりました」
澤田知佳(4アンダー・首位タイ)「ピン位置によってはスコアが出ないコースだと思うので、欲張らずにプレーしたい。初日はアプローチとパターが良く、寄せワンも多かったので、継続したいです」
中山三奈(3アンダー・4位タイ)「2017年は1年間腰の痛みを抱えながらの戦いでしたが、今年は昨年に比べて状態がいい。ゴルフを出来ることが楽しい。グリーンの目がきつい印象があるので、慎重にいきたい。優勝したいですが、1ホール1ホールしっかりとやることが大事だと思っています」
坂下莉翔子(3アンダー・4位タイ)「ノーボギーでストレスなく(笑)。初戦からずっと調子がいい。ステップ2戦目では首位で最終日を迎えましたが、崩れてしまった。調子がいいなかで"頑張りたい"気持ちが大きすぎた部分がありました。ビッグスコアがでるタイプではないので、コツコツやるだけです」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【LIVE写真】国内女子ツアーの模様もバッチリお届け!
畑岡奈紗ら出場 米LPGAツアー初日の結果
藤田光里の妹・美里が出場 LPGAプロテスト第1次予選の結果一覧
よく分かるリランキングリスト〜生き残るのは誰だ!
【LIVEフォト】石川遼ら出場 中日クラウンズのリアルタイムフォト