バーディ発進を決めた石川遼 どこまで伸ばせるか(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<中日クラウンズ 2日目◇27日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,557ヤード・パー70)>
4年ぶりの「中日クラウンズ」参戦となる石川遼が第2ラウンドをスタート。初日は1アンダー・22位タイ。首位とは4打差と、上々の位置から上位陣を追撃する。
小平・宮里・石川組に、ジャンボ&ジョーの兄弟対決も!試合の様子を写真でチェック
一時は3アンダーまでスコアを伸ばしたが、最終18番では警戒していたフェアウェイバンカーにはまってダブルボギー。初日終了後には「まったく同じ状況だったら刻むけど、もう少し状況がよかったら狙うかもしれない」と語ったが、スコアを落としてしまった難ホールをどう攻めるのか。2日目の攻略に注目が集まる。1ホール目をバーディとした勢いで、一気に猛チャージといきたいところだ。
米国男子ツアーで初優勝を遂げたばかりの小平智、ディフェンディングチャンピオンで昨年賞金王の宮里優作も石川と同組で火花を散らす。小平は石川と同じく1アンダー・22位タイ、宮里は2アンダー・13位タイから2日目をスタートしている。
先週の「パナソニックオープン」に続いて首位発進を決めた星野陸也が、石川の1組前からティオフ。念願のツアー初優勝に向けて、勢い充分で2日目に挑む。
その他の上位陣には多彩な顔ぶれがそろうが、注目は推薦で出場の横尾要。2014年9月の「フジサンケイクラシック」以来となるトップ10発進を決めたベテラン。限られたチャンスをつかみ、06年以来となる優勝に突き進む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼は警戒していたバンカーにはまり…「まんまと打ちのめされました」
宮里優作&小平智も「石川遼応援団」には押され気味?注目組効果でギャラリー数も一気に上昇
ケガに苦しむジャンボ尾崎の開幕戦は「84」スタート「何の調整もできていない」
尾崎直道は兄・ジャンボとあしたもラウンド「回るって?よかった、よかった」
【WITB】小平智 with チームPRGR歓喜の勝利 PGAツアー初優勝セッティング