みなさま、アロハ!

 第7回の「ごほうび、ハワイ」は、今最も旬なハワイ島をご紹介します。

 ハワイ島と言えば、現在も活発な火山活動が続くキラウエア火山、そして、世界で最も宇宙に近く、きれいな星空を観察できるマウナケア山。他に、カイルア・コナ、ヒロ、ハヴィ、ホノカア、ホノムなど、個性的な街の散策も楽しめます。今回はまず、到着初日にすぐ足を運ぶことができる素敵な場所をご紹介。

 特別なごほうびは、ハワイで。

日本からハワイ島へのアクセスは?


成田空港の滑走路。ここからハワイ島コナへ向かって出発。写真/ハワイカメラガールズ

 日本からハワイ島への渡航は、長らく、オアフ島(ホノルル)で乗り継ぐ手段しかありませんでした。しかし、2016年にハワイアン航空が羽田・コナ間に週3便の直行便を、そして昨年、日本航空が成田・コナ間にデイリーの直行便を就航させたことによって、日本とハワイ島がとっても近くなりました。


飛行機に搭乗。ワクワク興奮の旅の始まりです。写真/ハワイカメラガールズ

 まずは、ハワイ島コナまで、日本航空の直行便で行く場合のことをご紹介します。

 成田空港からJL770で21時25分に出発すると、ハワイ島コナには、同日の10時過ぎに到着します。


左:「資生堂パーラー」とのコラボの機内食は、エコノミークラスでもおいしい機内食を堪能できる。写真/ハワイカメラガールズ
右:機内では、映画などエンターテインメントを楽しむ。写真/ハワイカメラガールズ

 機内では、「資生堂パーラー」とのコラボの機内食やエンターテインメントを楽しみます。

 そして、そろそろ睡眠でもと思って、寝たと思ったら、あっという間に、ハワイ島コナに到着するんです。


コナ空港到着。

 そして約8時間でコナ空港に到着。機内から降り立つと、そこには、リゾートらしい青空が広がっています。

 青い空、そしてサンサンとした太陽が、飛行機を降りた瞬間から迎えてくれます。日本語で、「アロハ、ようこそ 米国ハワイへ。」といったウェルカムボードもありますよ。


コナ空港では、「アロハ、ようこそ 米国ハワイへ。」と記されたボードが迎えてくれる。

 飛行機を降りてから、入国審査、手荷物受け取り、税関通過まで、ホノルルとは違ってコンパクトな空港なので、最速で15〜20分で出られることも。

 さらに、ハワイ島コナからは、オアフ島のほかに、マウイ島、カウアイ島までも直行便で行けるので、コナを拠点にハワイの他の島へも行くという、今までにはなかったルートで各島を訪れることもできるようになりました。

あのUCCの農園で
コーヒー博士になろう


「UCCハワイ」は看板もかわいい。

 ハワイ島コナへの到着は、朝10時過ぎ。滞在ホテルに向かうにもちょっと早い。

 そこでまず訪問すべきは、コナ空港から車で約30分の場所にある「UCCハワイ」。

 ハワイ島といえば、コナ、カウといった産地の名が冠されたコーヒーが有名ですが、UCCハワイでは、コナコーヒーの農園見学や焙煎体験ができるんです!


左:こちらのショップでは、焙煎体験やコーヒーなどの購入が可能。
右:店内には、100%コナコーヒーが並ぶ。

 ショップでは、100%コナコーヒーをはじめ、チョコレートスナックや、コーヒー豆用の麻袋を使ったオリジナルバッグなどを販売しています。こちらの農園で採れたコナコーヒーは、オンラインでの販売はありますが、ハワイではここでしか買えないので、お土産にも最適です!


農園を眺めながらの試飲は極上の体験!

 また、コナコーヒー、アイスコーヒーの試飲もできるのですが、総面積約14ヘクタール(東京ドームの面積の約3倍)の農園を眺めながらの試飲はもう最高なんです。

 農園見学ツアーでは、コナコーヒーの栽培方法を学べます。解説はもちろん日本語。

 ツアーは、9時半、10時半、11時半、13時、14時、15時から開始され、所要時間は約15〜30分。事前予約が必要です。参加費用は無料。予約はUCCハワイの公式サイトで。


左:UCCハワイの農園。
右:色づくコーヒー豆。

 広大な農園には、約1万5千本ものコーヒーの木が植えられているそうです。

 ツアーでは、1本の木から何杯分のコーヒーが採れるのか学んだり、コーヒーの豆を触ったりと、見て、聞いて、触れるツアーとなっています。

 そして、UCCハワイで最もオススメしたいのが焙煎体験です。オリジナルコーヒーを焙煎する体験ができるのは、コナでもここだけ。


左:これらが焙煎機。写真/ハワイカメラガールズ
右:生豆を焙煎機にいれます。写真/ハワイカメラガールズ

 焙煎体験は、9時半、10時半、11時半、13時、14時、15時からの1日6回。事前に予約してくださいね。所要時間は約45〜60分で、参加費は1名45ドルです。ツアー代には焙煎体験(ゲスト本人の顔写真があしらわれたパッケージの100グラム入りオリジナルコーヒー×2袋付き)と農園見学が含まれています。予約は、農園見学ツアー同様、UCCハワイの公式サイトから。


左:自分好みに焙煎を行います。写真/ハワイカメラガールズ
右:焙煎が終わったら、コーヒー豆を取り出して、冷ましながら混ぜます。写真/ハワイカメラガールズ

 焙煎体験では、焙煎機に生豆を入れて、自分好みに焙煎していきます。

 焙煎の加減は、浅めから深めの焙煎まで好みに応じて決められるのですが、オススメは、コナコーヒーの特徴を最大限に引き出した、シティーロースト。

 浅めの焙煎では、酸味が残る味わいになり、深めの焙煎では、コーヒーの苦みが強調されてしまうそうです。


左:浅め(緑豆)から深め(イタリアン豆)までの焙煎をサンプルでチェックできます。
右:大人数でわいわい焙煎する様子。

 焙煎が終わったら、コーヒー豆を取り出して冷まします。そしてその豆をパッケージに詰めると完成です。

 パッケージは、事前に撮影してもらった写真が、袋のラベルになっているのです。文字も入れられるので、素敵な思い出の残るお土産になりますよ。


左:自分たちの写真がパッケージのラベルに。写真/ハワイカメラガールズ
右:パッケージに豆を入れたらしっかり封をします。写真/ハワイカメラガールズ

 いわゆるコーヒー豆の状態で完成ですが、リクエストに応じて豆を挽いてのお持ち帰りも可能です。

 すべての工程が終わったら、パッケージの口を閉めてもらい焙煎体験終了です。好みの焙煎の加減で、自分の写真入りのパッケージで、オリジナルコーヒーをぜひ作ってみてください。ハワイでのとっておきの思い出になること間違いなしです。

UCC Hawaii(UCCハワイ)
所在地 75-5568 Mamalahoa Highway, Holualoa, Hawaii
電話番号 808-322-3789
https://www.ucc-hawaii.com/ja/

ドトールコーヒーの農園も見逃せない


「マウカメドウズ」では、コナコーヒーの豆を近くで見ることもできる。写真提供/ハワイ州観光局

 UCCハワイの近隣には、ドトールコーヒーの農園「マウカメドウズ」もあります。

 こちらは農園見学の予約は不要です。入園料は1人5ドル。9時から16時(最終入園15時)まで、毎日営業しています。


農園内は、自由に散策することができる。写真提供/ハワイ州観光局


農園で採ったスターフルーツ。

 「マウカメドウズ」では、コナコーヒーのほかに100種類以上の花や多数のフルーツも育てています。

 園内では、熟したフルーツをその場で採って食べられるんですよ。日本では見たことがないフルーツもあるので、ぜひいろんなフルーツを探してみてください。この時は、かわいい星型が特徴のスターフルーツを食べてみました。とってもジューシーで、おいしかったです。

 もちろん、コナコーヒーの豆がなっているところもご覧いただけます。


園内でコナコーヒーを味わうこともできる。写真提供/ハワイ州観光局

 また、園内にある「カフェ マウカメドウズ」では、絶景を眺めながら、この農園で収穫されたコナコーヒーを堪能することもできるのです。もちろん農園内では、コナコーヒー豆も販売していますので、お土産に購入することも可能。


この農園で採れたコナコーヒーの販売も。写真提供/ハワイ州観光局

 コーヒー好きの方なら、コナに到着した日は、コナコーヒーの農園を訪問するのがおススメです。ここでしか飲めないコーヒーに出会えますよ。

Mauka Meadows(マウカメドウズ)
所在地 75-5476 Mamalahoa Highway, Holualoa, Hawaii
電話番号 808-322-3636
http://www.doutor-hawaii.com/

文・撮影=宮本紗絵(ハワイ州観光局)