“賢者タイム”とは、射精後、男性の中で性的興奮が急速に冷めていく時間を指します。実はエッチ後の彼の態度で、セックスが気持ち良かったかどうか分かるんです。12星座別に彼の“賢者タイムの傾向”をお伝えします! あの時、彼はどんな態度を取っていましたか?

文・沙木貴咲

12星座別「賢者タイムの傾向」

牡羊座(3月21日〜4月19日生まれ)

牡羊座の彼は、女心を細かく汲んで気遣うのが苦手。賢者タイムでは、女性が引くほど素っ気なくなりそう。

すぐに寝たり、タバコを吸い始めたり、ベッドを出て水やジュースを飲んだりするのは、意外にも彼が満足している証拠です。

牡牛座(4月20日〜5月20日生まれ)

牡牛座の彼は、心を許した彼女とのエッチでは、とことん快楽に浸ろうとします。賢者タイムに「疲れた……」と脱力していたら、満足していると捉えて良いですよ。

あまり会話に乗り気じゃなく、眠そうにしていても満足している証拠。心配しないで。

双子座(5月21日〜6月21日生まれ)

双子座の彼は、本音が見えづらいタイプ。賢者タイムにはアッサリと素っ気ない態度をとるか、彼女好みの男を演じるかのどちらか。

とはいえ、双子座男性は基本的に、自分より彼女が満足したかどうかを気にします。あなたが「気持ち良かった」と言えば安心するはず。

蟹座(6月22日〜7月22日生まれ)

蟹座の彼は、エッチの後にピロートークを楽しみたいタイプ。終わった途端に素っ気なくなる……という、男性にありがちな態度をとることはないはず。

無邪気に楽しく話していたら、セックスに満足したと捉えて良さそう。

獅子座(7月23日〜8月22日生まれ)

どんな時も“俺流”を貫く獅子座の彼。眠ければすぐに寝てしまうし、おなかが空けば何か食べ始めるし……女性が「ちょっと!」と、ムカついてしまうほど自分勝手かも。

ピロートークで甘いセリフを言うなんて、獅子座男性には恥ずかしくてできないんです。自由に振る舞うほど、心を許していてエッチにも満足している証拠。

乙女座(8月23日〜9月22日生まれ)

乙女座男性は、満足したセックスの後は自分語りを始めます。普段は無口でも、心を許した彼女には饒舌になりやすく、“ボクが理想とするエロス”を語り出すことも……。

また、満足度が高いほど「もう一回!」と、二回戦を求めてくることが多いかも。

天秤座(9月23日〜10月23日生まれ)

セックスに満足すると、天秤座の彼はちょっとキザなセリフを言ったり、彼女の頭をなでたりします。

“後フォロー”をキチンとするので、いきなり無言でタバコを吸い出す……といったことはしないはず。

蠍座(10月24日〜11月21日生まれ)

彼女に対して一途な蠍座男性は、セックスが濃厚。基本的に「満足するまでする」という考えなので、賢者タイム中に密かに不満を抱えていることは少ないはず。

むしろ「もう一回していい?」と、二回戦をお願いしてきそう。

射手座(11月22日〜12月21日生まれ)

射手座の彼は、セックスが気持ちよくないと「体の相性が悪い」と見なしがち。本命彼女であっても、交際を考え直すかもしれません。

賢者タイムに無邪気なおしゃべりをするようなら、満足している証拠。

山羊座(12月22日〜1月19日生まれ)

山羊座の彼は、「恋愛もセックスも男性がリードするべき」と考える堅め男子。賢者タイムに「イマイチだったな……」と感じても、その責任は自分にあると考えます。

逆に、彼女の満足度を気にして無言になるかもしれません。「良かった」という一言が聞けたら安心するはず。

水瓶座(1月20日〜2月18日生まれ)

水瓶座男性は、セックスに対して淡白なタイプ。肉体の快楽より、心の繋がりを重視します。

満足できるエッチの後は、共通の話題で盛り上がったりと、必ずしも甘いムードが漂うわけでないでしょう。二回戦が始まることも稀です。

魚座(2月19日〜3月20日生まれ)

イチャイチャするのが好きな魚座男性は、賢者タイムに甘い余韻に浸ろうとします。二回戦を求めてくるわけではないのですが、キスをしたり抱き寄せたりと、彼女から離れたがらないはず。

セックスの満足度が高いほど、彼女を愛おしく感じてベッタリ……になるんです。

(C) Roman Samborskyi / Shutterstock(C) 4 PM production / Shutterstock