「コーヒーを淹れることは、デートである」日によって変化するし、うまくいく“正解”なんてない。そんなことを教えてくれたのが、大のコーヒー好きで、月に一度のカフェ「SACHIOPIA COFFEE」も開く芸人・コーヒールンバ平岡佐智男さん。家でコーヒーを楽しみたいひとに向けて、コーヒーにまつわるアレコレをうかがう企画!今回は「初心者にも知ってほしいコーヒー豆のはなし」。

コーヒールンバ平岡佐智男さん1982年、香川生まれ。タリーズコーヒー3店舗で店長をつとめたことも。特技は後味にあまい余韻が残るおいしいコーヒーを淹れること、人をコーヒー豆に例えること。Instagram :hiraokaschio twitter : @sachiohiraoka

ツウはコーヒー豆をどこで買うの?

コーヒールンバ平岡佐智男さん「喫茶店やカフェで買ってみるのがいいと思いますね。好みを伝えればオススメを教えてくれるし、『前回はコレだったから〜〜』といろいろ試せます。気になる地方のお店から、ネットで買うのもアリですよ。地方の有名バリスタの豆も売ってます」豆を嗅ぐ平岡さん最近僕が見つけたのは、日本スペシャリティコーヒー会長の店・富山県のセントベリーコーヒー。そこが驚くほど安くて……。それをきっかけに、その豆をネットで調べたり。知識をつけると意外な発見があるのが、コーヒーの楽しさです」

「これは深煎りかな?」想像をめぐらそう

コーヒールンバ平岡佐智男さん「豆には深煎り、中煎り、浅煎りがあります。色やテリを見たり実際に味わうと、だんだんわかってきますよ。挽き方は、どういう風に飲みたいかや豆の種類で変えてみてくださいね」コーヒールンバ平岡佐智男さん「ちなみに僕が最近好きなのは、ケニアの豆!というのも、どこで買ってもハズレない。ケニアは標高が高くて空気が薄く、寒暖の差も激しいので、コーヒーに含まれる酸の種類が増えてフレーバーが出やすいんです。酸によってフルーツっぽくなり、ノンアルコールワインみたいなおもしろい味わいに。高地だから、ケニアのマラソンランナーも強いでしょ(笑)」

「ナチュラル」だけは覚えてほしい!

コーヒールンバ平岡佐智男さん「香りがフルーティで、豆本来の味がしっかり出るのが「ナチュラル」、サッパリあっさり飲みたいときは「ウォッシュド(washed)」を選ぶといいです。玄米と白米、みたいな違いですね。豆を買うときにそう伝えたら『お、この人はコーヒーに詳しいな』と思われますよ(笑)。ナチュラルはミルクも合うので、僕はミルクや砂糖も入れたりして楽しみます」

失恋したときの味……豆が思い出のアルバムに

コーヒールンバ平岡佐智男さん「こだわって選ぶと、豆に思い出ができるんです。『あの時一緒に買ったやつだね』『このケーキにはどの豆を合わせようか?』って、コミュニケーションにつながって、思い出が生まれます」コーヒールンバ平岡佐智男さん「例えば僕は、インドネシアの豆が飲めないんですよ。以前彼女と別れるとき、『最後に一杯だけコーヒーをのみたいな』と言われて。そのとき、インドネシアのワカナを淹れたんです。ふたりで飲みながら思い出話をしました。それで、その豆を飲むと切ない気持ちに……」

豆の正しい保存方法は?

長期保存なら「冷凍庫」へ

コーヒールンバ平岡佐智男さん「挽いてない豆を、1ヶ月などかなり長期で使うなら冷凍しましょう。冷凍するとき、僕は豆をジップロックに入れます。豆は呼吸をしてるので、ガスで袋がパンパンになるから、空気穴をひとつ開けるといいですよ。冷凍した豆は直接ミルに入れてOKです」

でも、豆はマメに買った方がいい

コーヒールンバ平岡佐智男さん「ただ、いろんな豆を試してみるのが上達のコツ。ちょっとずついろんなカフェに通って、100〜200gずつ豆を買ってみるのがいいですよ。挽いてある豆を買って毎日飲むなら常温保存、1週間以上かけて飲むなら冷凍庫へ。ただ、冷蔵庫は風味が落ちるの早いのでご注意を!」 「カカオとコーヒーの産地はとても近いので、同産地のチョコとコーヒーをペアリングしてみても楽しいですよ。コーヒーの楽しみ方はキリがないんです! いろいろ飲むことで、思い出も人生もゆたかになります」
コーヒールンバ平岡佐智男さんのコーヒーにまつわるアレコレ、直近2回はコチラ。形から入るべし!コーヒー芸人に教わる「家でのコーヒーのたのしみ方」いちばん手軽に淹れるには?コーヒー芸人に教わる「オススメのコーヒー器具」
Photographed by Kayoko Yamamoto