電子送金サービス「Swish」を操作する80代女性(博報堂生活総合研究所 研究員による撮影)


 私の在籍している博報堂生活総合研究所は、1981年の設立から現在に至るまで、「生活者発想」に基づいて生活者の行動や意識、価値観とその変化を見つめ、さまざまな研究活動を行っています。

 前回に引き続き、世の中で生じている事象に対して、研究所に蓄積された研究成果やそれらに基づく独自の視点により考察を加えてまいります。読者の皆様にとって、発想や視野を広げるひとつのきっかけ・刺激となれば幸いです。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

お金の電子化先進国・スウェーデン

 博報堂生活総合研究所では昨年から、「お金の未来」をテーマとした研究を進めています。これまでのコラムでも、日本国内の生活者のキャッシュレス化に対する意識や損得意識について取り上げてきました。今回はちょっと趣向を変え、視点を海外に転じて、キャッシュレス化が進んだスウェーデンの様子をご紹介します。そしてそこから、日本の「お金の未来」を展望するヒントを探ってみたいと思います。

・入り口に「現金お断り」の掲示をする店があちこちに存在
・バスには現金では乗れず、電子マネーでチケットを購入
・お金の出入りがアプリで記録され、家計簿をつける必要がない・・・
 

 こちらはスウェーデンの市街で見聞した、暮らしの様子の一部です。「現金お断り」の店があちこちにあるというだけでも、日本の生活とはだいぶ様子が異なることがうかがえますが・・・、それもそのはず、スウェーデンは世界有数の「お金の電子化先進国」。

名目GDPに対する現金流通量の割合推移(出典:BIS、IMF、各国中銀のデータより東短リサーチ作成)


 お金の支払いのうちキャッシュレスでの支払いが占める割合=「キャッシュレス決済比率」を見ると、日本が20%程度、アメリカが40%程度なのに対して、スウェーデンは60%程度に達しています(2016年経済産業省統計、Euromonitor社調査より)。また、名目GDPに対する現金流通量で見ても、日本が20%程度、ユーロ圏でも10%程度なのに対して、スウェーデンはなんと1.4%。経済活動に対して、ほとんど現金が流通していないことが見てとれます。

 実際にスウェーデンの生活者に話を聞いてみても、

「自分たちは12〜13歳くらいの時からキャッシュレスが当たり前だった。現金を持ち歩くなんて考えられない」(20代女性)
「たしか数年前に紙幣のデザインが変わったんだけど、ほとんど現金に触れることがないから、どんなデザインか思い浮かばないんだ」「あまりにも使わないから、うっかりゴミと一緒に捨ててしまったこともある」(20代男性)
 

と話すほど。

 もはや「現金って何?」と言わんばかりのスウェーデンの生活者たち、いったいどんなふうにお金のやりとりをしているのでしょうか?

「現金お断り」の張り紙をする店舗(博報堂生活総合研究所 研究員による撮影)


高齢者も使いこなす電子送金「Swish」

 そのカギとなっているのは、「Swish(スウィッシュ)」という電子送金サービス。スウェーデンの大手銀行複数行が共同で提供しており、国内人口の6割にあたる600万人以上が利用しているほど浸透しています。スマートフォンを使って自分の銀行口座のお金をやりとりする仕組みで、お店への支払いや個人間の送受金が可能。かつ、個人間の送金には手数料もかからないそうです。

 SwishのIDに紐づいた電話番号が分かりさえすれば相手に送金できるので、お店では写真のように支払い用の電話番号が掲示され、買い物客はこれを見て「Swishする」というわけです。

Swish支払い用のパネルが置かれる店舗(博報堂生活総合研究所 研究員による撮影)


 実際にSwishを使っている様子を何度か見せてもらいましたが、スマホのアドレス帳からメールを送る感覚で、実にサクサクと操作をしています。Swishはデジタルツールありきの仕組みなので、「若い人中心の動きなのだろう」と考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

 驚いたのは、80代の方でも普通にSwishを使っていたこと。ご家族の方に送金する様子を見せてもらったところ、若い人に比べて多少スローな操作ではあるものの、特に戸惑うことなく使いこなしていました。現金ではなくSwishを扱うことに対しても「特に不安はない」「簡単だし、気に入っている」とのこと。若者に聞いても「祖父がお祝いでSwish送金してくれた」(20代女性)という話もあり、高齢者にとっても日常的なツールになっている様子がうかがえます。

 このSwishが登場したことで、スウェーデン生活者の“現金離れ”は一気に加速。すでにあったクレジットカードやデビットカードと合わせて、「比較的高額の支払いには、クレジットカード」「少額ならSwishかデビットカード」「個人同士のお金のやりとりはSwish」という方法が浸透しているようです。

 スウェーデン生活者に「普段使っているお金を見せて」と尋ねてみると、寄せられたのは「Swishの使えるスマホ+カード数枚」との答え。もはや現金は出る幕がありません。

スウェーデン生活者の「お金」はSwishとカード (博報堂生活総合研究所「おさいふ」写真調査 2017年10〜11月)


 生活者の“現金離れ”と相まって、お店や街のインフラも大きく変化しました。先述のように店舗やバスでは現金を扱わなくなってきているうえ、銀行でも現金を扱わず、ATMも街中からどんどんなくなっているようです。

 とはいえ、「ATMに行くのは1年に1回あるかどうか」(20代女性)という人たちからすれば、それでも特に困らない、ということなのでしょうか(ただし、あまりに急速な街の変化に、一部地域ではATMを再設置する動きもあったようです)。

国を挙げて「Swish」普及、進取の国民性も

 このようにスウェーデンでキャッシュレス化の動きが進んでいる背景には、いくつかの理由があります。

 大きな理由となっているのが、「現金を取り扱うコスト」の問題。スウェーデンは人口の割に国土が広く、現金の輸送や受け渡しに手間と時間がかかるため、電子化によるコスト削減が積極的に進められてきました。

 また現金を扱わないことは、防犯上のリスク軽減につながるため、それもキャッシュレス化の誘引につながりました。

 さらには政府や銀行、公共セクターがリードする形で、公共交通機関などでのキャッシュレス決済割引を適用するなど、まさに国を挙げて積極的にキャッシュレス・インセンティブを提供してきたことも要因に挙げられるでしょう。

 歴史的にも、スウェーデンはヨーロッパで最初に紙幣を発行していたり(1661年)、オンライン銀行を1990年代に設立していたりと、お金に対して先取的な姿勢を取り続けてきました。Swishをはじめとする一連の動きには、もしかしたら「お金の先進国」であり続けようというスウェーデンの意気込みが表れているのかもしれません。

コーヒー店には「現金を扱わない安全なお店です」のパネルも(博報堂生活総合研究所 研究員による撮影)


お金が遊び道具? 生まれる新しいお金との向き合い方

 Swishをはじめとする、キャッシュレスなお金を扱うようになったスウェーデンの生活者。彼らの話からは、新しいお金の登場によって単に「便利になった」「スピーディーになった」という生活の利便性向上に留まらない、「お金との向き合い方」の変化を聞くことができました。興味深かったケースを3つ紹介します。

(1)助け合いの機運が広がる

「近所の貧しい人に防寒服を買いたいので、この番号にお金を送ってください」
「今日は私の誕生日。私へのプレゼント代わりに、移民をサポートするこの慈善団体に送金して」
 

 スウェーデンでは、Facebookでこのように送金を呼びかける投稿をよく見かけるそうです。前述のように、Swishは相手の電話番号が分かれば送金ができる仕組み。これにより、SNSに電話番号を載せることで、誰でも簡単にお金を募ることができるようになりました。

 電話番号をオープンにすることへの懸念もなくはないようですが、それでも困っている人や、関心ある社会問題解消のためにお金を募るメッセージは日々投稿されており、「社会で小さな助け合いの機運が高まっている感じがする」(20代女性)とのこと。電子化したお金が、生活者の助け合い意識を後押ししているかのようです。

(2)お金を送り合って遊ぶ

「暇なとき、Swishで友達に5クローナ送ると、そのうち向こうから10クローナ送られてくる。そしたら今度は15クローナ送り返す。それを延々とやっている」(20代女性)
 

 この話には衝撃を受けました。本来の役割とかけ離れ、お金が“遊び道具”になっています。名付けて「Swish バトル」というそうですが、もちろん経済的にはほとんど無価値な行為。やっている当人も「意味なんかない」と笑っていました。

 現金では考えられないことですが、電子化が、こんな自由さも生むのだなあ・・・と、考えさせられてしまいます。

 そしてもうひとつ驚いたのが、以下のエピソード。

(3)お金で反対の意思表明

「Swishは法人が利用すると手数料がかかる。それを逆手に取って、嫌いな企業に手数料以下の金額を送るの。お金を受け取るとマイナスになるから、それがちょっとした反対の意思表明になる」(20代女性)
 

 彼女はそうやって、移民に差別的な企業に対してSwishで反対の意思表明をしたことがあるそうです。もちろん企業にとっては金額的に大したことはないでしょう。が、「そうまでして反対の意思を伝える」ということに、言葉での抗議以上に、強いメッセージ性がこめられているように感じられます。

 もちろん、これが一般的な例だというつもりはありませんが、(2)のケースと同様にお金が通常の役割を超え「意思表明の手段」として利用されており、たいへん興味深く感じられました。

 いかがでしょうか。電子化が進んだことで、お金は現金の時よりもだいぶ「使い勝手の良い道具」になりました。そんな新たな道具を手にした生活者たちの中には、どうもこれまでとは異なる、「新しいお金との向き合い方」を始めている人たちがいるようです。

 日本でのキャッシュレス化の進捗はまだまだ道半ばかもしれませんが、その先にはもしかしたら、これまで通りのお金の使い方に加えて、現在の感覚では想像もつかないようなやりとりや価値の交換が生まれる可能性があるのではないか。スウェーデンの生活者の様子からは、そんなことを考えさせられます。

 お金の電子化・キャッシュレス化を、単に「決済や管理が便利になる」という技術的な側面だけで捉えるのではなく、上に挙げたような生活者の行動も含め、もっと視野を広げて捉えてみることで、そこから意外なビジネスのヒントや未来の社会の姿が見えてくるかもしれません。

筆者:三矢 正浩