<九州みらい建設グループレディース 事前情報◇25日◇武雄ゴルフ倶楽部(6,255ヤード・パー72)>
国内女子ステップ・アップ・ツアー第4戦の「九州みらい建設グループレディース」が25日(木)に開幕。先週開催された「パナソニックオープンレディース」でプロ初優勝を飾った高木萌衣は、今大会初日に鈴木麻綾、青山加織と最注目の最終組に入った。
【LIVE写真】九州みらい建設グループレディース 開幕前からライブ配信!
念願のプロ初勝利となったが、「優勝はできましたが、調子自体はあまり良くなかった。年末までにやらなければいけないことを日々取り組みたい」と語った高木。ステップを舞台に戦う選手の目指す場所はもちろんレギュラーツアー。ステップも2017年から賞金ランク制が敷かれ、賞金ランク1位に翌年のレギュラーツアー前半出場権、賞金ランク5位以内にサードQT免除などの特権が与えられた。しかし、ステップ賞金ランク2位になったとしても、ファイナルQTで下位となれば、翌年のレギュラーツアー出場は叶わない。まだステップが開幕して1か月しか経っていないが、多くの選手はファイナルQTを最も大事な目標と掲げている。目の前の獲得賞金も当然気にしつつ、7か月先を見据えて戦わなければいけないわけだ。
高木は2015年のプロテスト合格後、2016〜17年はQT上位の資格で2年連続レギュラーツアーフル参戦するも、壁に跳ね返されてきた。今季はステップが主戦場となったが、じっくりと調整できるメリットも感じている。「レギュラーツアーに出場時は、自分に足りないところを理解しながらも、毎週の連戦で目の前の結果にこだわりすぎて、取り組みを継続できなかった。ステップの場合(年間21試合ありつつも)空き週ができるので、しっかりと準備を行った上で試合に挑むことができます」。
例年、オフはタイで合宿を行い、春先は好調を感じつつツアーに挑んできたが、結果が出ずに苦しんできた。今季も完璧を求めすぎ、ステップ開幕2戦で思うような成績が残せなかった。過去2年とは違って、「自分に期待しすぎず、現在の自分に何ができるかを考えながらプレーするようにした」ところ、優勝を勝ち取ることができた。21歳のプレーヤーにとってはじっくりと地力をつける1年も大事なのかもしれない。
目の前の試合、QT、そして「レギュラーの場で、あの展開なら勝てない。緊張した場面できないことが多くて勉強になりました」と、さまざまなことを考えながら、ステップの選手たちは試合を重ねている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

高木萌衣が逃げ切りでプロ初優勝 「来年はLPGAツアーに戻りたい」
高木萌衣 プロ初優勝シーン
ステップ・アップ・ツアー 賞金ランク
高木萌衣 プロフィール
【LIVE写真】サイバーエージェントレディス 現地の様子をライブ配信!