星野陸也と談笑する谷口徹 まだまだ若手には負けない(撮影:ALBA)

写真拡大

<中日クラウンズ 事前情報◇25日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,557ヤード・パー70)>
昨年大会では優勝争いを繰り広げ、存在感を見せ付けたベテランの谷口徹。最終18番で8メートルのバーディパットを決め、トータル12アンダーでその時点の首位に立った。最終組で回っていた宮里優作のバーディ締めで1打差・2位タイと優勝を逃したが、「去年のことはもう覚えていない」と、今年は今年と切り替えて臨むのがベテラン流だ。
【LIVE写真】中日クラウンズ 開幕前から現地の様子をお届け!
2月10日で50歳を迎えた谷口は、節目の年を迎えても「なにも変わってない、周りが年寄り扱いするだけや」と気持ちはいつまでも若いまま。それでも気になるのが健康面。「1カ月半なにもしなかったら、中性脂肪の数字が悪くなって、いきなりウォーキングを始めた」と、ゴルフ以外でも運動に挑戦。シェイプアップにも成功したそうだが、「調子こいて10キロ歩いたら、帰りはしんどすぎてタクシー使ったわ」としっかりオチをつけるのもこれまたベテラン流だ。
2012年10月の「ブリヂストンオープン」以来優勝からは遠のいているが、今年はウォーキングでの体力づくり、食生活の改善にと体づくりにも余念がない。「まずは優勝争いに絡むこと。1勝挙げて、それから」。6年ぶりの優勝に向けて、着々と準備を整えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

谷口徹も小平智を祝福「小平やなくて、もう“大だいら”でしょ!」
小鯛竜也も谷口徹門下生? ベストスコアに新師匠の助言あり
【プレイバック】谷口徹、劇的チップインで逆転優勝&自身初の大会連覇
小平智が凱旋!注目の渦にとまどいながらも…目指すは「30代でマスターズ優勝争い」
【LIVE写真】サイバエージェントレディスも開幕前から現地の様子をお届け!