「ジブリパーク」愛知に2022年開業へ - ハウルの城やタタラ場など再現

写真拡大

スタジオジブリの作品を活用したテーマパーク「ジブリパーク」が、愛知県の愛・地球博記念公園に2022年度中に開業予定だ。

パーク内は、「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」「どんどこ森エリア」の5つのエリアで構成。愛・地球博記念公園の未利用地や既存施設を有効活用し、各施設をジブリ作品をモチーフにした公園施設として再整備する。

「青春の丘エリア」

「青春の丘エリア」には、映画『ハウルの動く城』などのジブリ作品に代表される、19世紀末の空想科学的要素を採用したメインゲートを設置。そのほか、映画『耳をすませば』の「地球屋」を再現した施設も登場する。

「ジブリの大倉庫エリア」

2018年9月末をもって営業を終了する温水プールの空間は、通年天候に左右されずに楽しめる施設「ジブリの大倉庫エリア」としてリニューアル。展示室や映像展示室、子どもの遊び場、多くの展示物を収蔵する倉庫などで構成される予定。

「もののけの里エリア」

「もののけの里エリア」には、映画『もののけ姫』のタタラ場をモチーフにした建物などを整備。広場には、タタリ神や乙事主をモチーフにしたオブジェの設置も計画している。

「魔女の谷エリア」

大芝生広場近くにある未利用地は、魔法を題材とした『ハウルの動く城』『魔女の宅急便』の2作品にちなんで、「魔女の谷エリア」として生まれ変わる。「ハウルの城」や「オキノ邸」、遊戯施設などが整備される。

「どんどこ森エリア」

「どんどこ森エリア」では、受付所などを「サツキとメイの家」をイメージしたデザインとし、裏山の森に散策路を再整備。ちなみに“どんどこ”とは、サツキ、メイ、トトロが、蒔いた種の発芽を願って踊ったダンス“どんどこ踊り”に由来する。

施設概要

「ジブリパーク」
オープン時期:2022年中
場所:愛・地球博記念公園


[写真付きで読む]「ジブリパーク」愛知に2022年開業へ - ハウルの城やタタラ場など再現

外部サイト

  • 白雪姫の東京ディズニーリゾート限定テーブルウェア&雑貨 - アフタヌーンティーがプロデュース
  • 長崎ハウステンボスで、九州最大級18,000発を誇る「夏一番花火大会」、ももクロとのコラボも実施
  • ムーミンの世界を体験できるテーマパーク「メッツァ」が日本進出、埼玉・飯能にオープン