無礼講を真に受けると失敗する!? 乙女座上司との付き合い方【12星座のトリセツ】

写真拡大

 毎回1つの星座にフォーカスしてその星座の「トリセツ」を紹介する星座バラエティー『12星座のトリセツ! 全ての星座を大解剖』(占いTV:uranaitv.jp)。第3回は乙女座を取り上げ、乙女座の上司や部下とうまく仕事をしていくために心がけたいことを、占い師たちがアドバイスした。

■まじめに仕事をこなし、礼儀を重んじるのが乙女座

 占い界の千手観音・阿雅佐によると、「乙女座さんの仕事ぶりをひと言で表すなら、優等生気質でまじめ」だそう。「どういう仕事をすれば上はOKしてくれるのか、常に正解を見すえたうえで逆算して仕事ができるんです」という。

 一方、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー 知性派アストロロジャーのSUGARは「気が小さくてパニックに弱いと見せかけて、だんだんと対応能力が高くなっていくのが乙女座さんの特徴。その割に、自己評価が低いため、高性能で何でもできながら、常に努力を惜しみません」というから、仕事相手としては最高の星座のように思える。

 しかし、注意も必要だ。「乙女座さんは礼儀に厳しい星座。特に上司が乙女座さんの場合、『今日は無礼講でいいよ』と言われても、真に受けてはいけません。時間や納期に遅れるのも厳禁です」と阿雅佐は警告する。乙女座ゲストとしてスタジオに来ていたお笑い芸人の三四郎・小宮浩信(34)も、「後輩にナメられがちなのがイヤ。『お前、芸歴何年目だよ』ってすぐ言っちゃう」と、礼儀に厳しい一面があることを告白した。乙女座さんと仕事をするうえでは、礼儀や約束を守ることは必須といえそうだ。
 
 『12星座のトリセツ! 全ての星座を大解剖』(占いTV:uranaitv.jp)では、乙女座の性格や恋の特徴、相性のいい星座などもトコトン分析している。乙女座の「トリセツ」はオンデマンド動画でチェックしてみよう。
(ニコ)

>>動画で見る(占いTV:uranaitv.jp)

※画像出典/shutterstock