スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ。

無料Wi-Fiはセキュリティー面でリスクがあることを忘れずに。

街中の無料Wi-Fiが誰でも気軽に利用できるようになり、外出先でも高速回線で動画視聴やネットショッピングなどが利用できるようになりました。自分のスマホのパケットを気にすることなく、スマホを利用できて便利な一方で、無料Wi-Fiを利用する際には、ちょっと気をつけなくてはいけないことも。しっかりと理解していないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。そこで、スマホのセキュリティーに詳しい、株式会社FFRIの金居さんに、無料Wi-Fiについてお聞きしてきました。

絶対に安全な無料Wi-Fiはないと認識しよう!

お話を伺った、株式会社FFRIの金居良治さん。

――最近では、コンビニエンスストアやカフェ、商業施設、地下鉄など、さまざまな施設で無料のWi-Fiスポットを利用することができますよね。私は結構気軽に使ってしまうのですが、街中の無料Wi-Fiって安全なのでしょうか?

「無料Wi-Fiは目には見えない無線である以上、接続されたアクセスポイントが、施設の提供している正規のものであるかを確かめる手段がないんです。「SSID(アクセスポイントを識別するための名前)」で確認するしかないのですが、これって実は誰でも簡単に同じSSIDのアクセスポイントを作れてしまうものなんです。つまり、悪意のある第三者の手によって作られた、偽のアクセスポイントであっても、なかなか気づくことができないんですね」

――たとえば、不正に作られたアクセスポイントに知らずに接続してしまうと、どんなことが起こるのですか?

「第三者に通信内容を盗み取られてしまう、いわゆる「盗聴」をされてしまう可能性があります。通信の中身を全部見られてしまい、ユーザーIDやパスワードなどのアカウント情報がサイバー犯罪などに悪用されてしまうことがあります」

――盗聴されているなんて、怖いですね……。よく、名前やメールアドレスなどを登録するWi-Fiスポットもありますが、登録制の場合は安全ですか?

「名前やメールアドレスを登録したからといって、絶対に安全というわけではありません。施設側がいちいち全ての人をチェックするわけではないので、悪意を持って不正に侵入することが可能になってしまうんですね。どこまでしっかり施設側がチェックしているかによって安全度は違いますが、アクセスポイントに接続してから登録画面が出る場合は、そこまでしっかりとチェックはされていないかもしれません」

保護された通信でスマホを利用するのが鉄則!

無料Wi-Fi利用時には、クレジットカードなどを使ってのネットショッピングは避けるのが無難。

――では、どうしたら無料Wi-Fiを安全に使えますか?やっぱり便利だし、できればこれからも使っていきたいなと思うのですが……。

「安全だと確認できる手段は、サイトを見ているときに「SSL」化されたサイトであるかをチェックすることです。いつも使っているブラウザのアドレスバーを見て、アドレスなどの前に鍵マークが付いているか、「保護された通信」などの文字があれば、そのサイト内でのやり取りを盗聴されることはありません」

アドレスバーのアドレスの前に鍵マークがあれば安心です。

――なるほど、この鍵マークが大事なんですね。今まで、あまり気にしていなかったです。

「最近では、大手のECサイトやネットバンキング、ウェブメール、SNSなどは、ほとんどSSLに対応しています。鍵マークが付いているサイトであれば安心なのですが、たまにチェックしながら使うのがおすすめです。特に、パスワードやクレジットカードを入力する場合などはしっかり確認するのがいいですね」

――無料Wi-Fiを使う時の注意点は、他にもありますか?

「できれば、無料Wi-Fiを使っているときに、ネットバンキングの利用やクレジット情報を入力しての買い物は避けましょう。万が一、保護されていないサイトでクレジット情報などを入力してしまうと、盗聴されて悪用されてしまう可能性もあります。どうしても使わないといけない場合は、保護された通信であるかをしっかり確認してから使うようにしましょう」

万が一、情報が流出してしまったら、どうしたらいいの?

被害にあったと分かったら、落ち着いて関係している事業者へ連絡をしましょう。

――もし、自分のアカウント情報が流出してしまったり、クレジットカードやネットバンキングで勝手にお金が引き出されてしまうなどの被害にあった場合は、まずはどんな行動をしたらいいですか?

「まずは、関連している事業者に連絡して、アカウント情報などが盗まれた可能性がある旨を伝えましょう。ネットバンキングやクレジット会社、大手のECサイトなどは、すぐに対応してくれる場合も多いです。また、警察へ相談するのも有効です」

――被害にあったときや、ちょっと心配なことがある場合などに、このようなセキュリティーに関する相談ができる機関はあるのでしょうか?

「「IPA」という「情報処理推進機構」へ相談してみるのもいいですね。この機関では、ウイルスや不正アクセスに関する相談ができる「情報セキュリティ安心相談窓口」に電話やメール、FAX、郵送などで問い合わせをすることができます」

IPA(情報処理推進機構) https://www.ipa.go.jp

――こういう相談窓口の存在を知っておくと安心ですね。「これってもしかして?」と思っても、なかなか行動に移すことって難しいですが、気軽に相談できる機関があることを知っておくのも大切ですね。

「また、Androidのみ利用できる有料アプリですが、「FFRI 安心アプリチェッカー」というアプリを入れておくと、セキュリティレベルの低いWi-Fiスポットの通知をしてくれたり、不正アプリかどうかを診断してくれます。こういうアプリを活用するのも、一つの手ですね」

FFRI安心アプリチェッカー(Androidのみ対応) https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ffri.appchecker&hl=ja

☆☆☆

無料Wi-Fiのリスクを知らずに使うのと、知って使うのとでは、全く違うことがわかりました。まずは、保護されたサイトであるかを確認しつつ、無料Wi-Fiに接続しているときのスマホの使い方にも気をつけることが大切です。2020年に向けて、ますます無料Wi-Fiが拡大していくようですが、安全で便利に使うのが一番ですね。

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり