人生において“思わぬハプニング”は、どうしても起こりうるものですよね。そして、たいていのハプニング、はあまり歓迎されないようなものであることがほとんど。もしこれらの相があなたの手に出ていたとしたら、少し気を引き締めた方がいいかもしれません。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、“思わぬハプニングが起きるサイン”をご紹介いたします。

 

■1:運命線上に島型紋が出ている…予期しない不運に見舞われる相

運命線上に島形の紋が出ているのは、運気が下降することの暗示です。手首の方にある“島”は、幼い頃のトラウマが掘り返されることを意味し、知能線に接する“島”は考え違いや思慮の浅さがトラブルを招くことを暗示します。そして、感情線に接する島は恋愛のトラブルをもたらし、運命線先端の島は金銭的なピンチなど予期せぬトラブルに遭うことを表すもの。いずれにせよ落ち着いて動くことを心がけるようにしましょう。

 

■2:生命線に十字紋が接している…突然大きなトラブルに遭う相

生命線に十字型の紋が接している場合は、思いがけない病気やケガ、災難などに遭うことを暗示しています。さらに、十字が重なって“キ”の字のようになっていたら、より事態は深刻かもしれません。この相が現れたら、どんなに小さなことも見逃さない細心の注意が必要です。ただ、十字紋が少しでも生命線から離れていたら、災難は軽く済むでしょう。

 

■3:薬指下の「太陽線」の先端に短い横線がある…今の立場が危うくなる相

薬指下部に現れる“太陽線”の先端を短い横線(障害線)が横切っている場合は、現在のポジションや立場が危うくなることを意味します。障害線が太陽線よりも太い場合は大きなダメージが予想されますが、細ければ一時的な打撃で済むでしょう。この手相が出ている間は何事にも慎重に対応し、転職や引越しなどの大きなアクションはしばらく控えたほうが無難です。リストラに遭う前もこの相が出ると言われているので注意。

 

■4:細く短い結婚線が何本もある…痴情のもつれで恋人との仲が決裂する相

この手相の持ち主は、異性の友人が増えやすい時期にいますが、同時に恋愛関係のもつれに注意が必要です。小指の横幅よりも短い結婚線がいくつも刻まれているのは、パートナーとのケンカが絶えないことを意味しています。異性に親切なのはいいことですが、あまりにも深入りしてしまい“トラブルの火種”をまいてしまうことに。その上、あなた自身も疲れきってしまい、勢いで別れると後悔してしまいそう。

☆絵で見てわかる!手相占い

楽観的なのはとても大切なことですが、その一方で“こんなことが起こったら、こうしよう”という“if‐then”の考え方は、常に持っておくべきかもしれません。危機管理能力がないと、急なハプニングに対応できないためです。人生は何が起こるか分からないもの。“転ばぬ先の杖”は用意しておくことをおススメします。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】