「ビッグコミック50周年展」京都国際マンガミュージアムで、誌面を飾った名作の原画200点を展示

写真拡大

「ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡‐」が、2018年6月9日(土)から9月2日(日)まで、京都国際マンガミュージアムにて開催される。

2018年で創刊50周年を迎えた漫画雑誌『ビッグコミック』。本展は、「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いた『ビッグコミック』の歩みを、その誌面を飾った名作の資料とともに振り返るものだ。

会場の展示は、創刊号から年代ごとに分かれた6つのパートで原画を展示する「『ビッグコミック』50年の歩み」、読者に愛された名作から大胆な野心作まで、50年の歴史が生み出した多彩な作品を紹介する「『ビッグ』な名作アラカルト」、そして現在連載されている作品にフィーチャー「現在進行形の『ビッグコミック』」の3つで構成。

「現在進行形の『ビッグコミック』」では、ハードボイルド漫画の金字塔として、今なお多くの人々に愛されているさいとう・たかを『ゴルゴ 13』や、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞したジャズ漫画『BLUE GIANT』の続編である石塚真一『BLUE GIANT SUPREME』など、現在紙面上で高い人気を誇る作品を原画で楽しめる。

また、関連イベントとして、6月9日(土)には、前述の『BLUE GIANT SUPREME』の作者である石塚真一と、クラシック音楽をテーマにした『神童』『マエストロ』などで知られる漫画家・さそうあきらのトークセッションも開催。「ページの上の『シーツ・オブ・サウンド』」と題し、音や音楽をいかにして漫画として描き出すのかが、2人の名手によって語られる。

【開催概要】
「ビッグコミック50周年展‐半世紀のビッグな足跡‐」
開催期間:2018年6月9日(土)〜9月2日(日)
時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30)
休館日:毎週水曜(ただし、7月18日、25日、8月の水曜は開館)
会場:京都国際マンガミュージアム2階 ギャラリー1・2・3(京都市中京区烏丸通御池上ル)
料金:無料
※ただし、ミュージアム入場料(大人 800円、中高生 300円、小学生 100円)は別途必要。

■関連トークイベント
「ページの上の『シーツ・オブ・サウンド』――石塚真一×さそうあきらトークセッション」
開催日:6月9日(土)
時間:14:00〜15:00
会場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料
※ただし、ミュージアム入場料(大人 800円、中高生 300円、小学生 100円)は別途必要。
出演:石塚真一(マンガ家『BLUE GIANT』『BLUE GIANT SUPREME』)/さそうあきら(マンガ家・京都精華大学教授『神童』『マエストロ』『ミュジコフィリア』)
定員:各200名(先着順)
参加方法:事前申込不要
※当日10:00からミュージアム館内にて整理券を配布。


[写真付きで読む]「ビッグコミック50周年展」京都国際マンガミュージアムで、誌面を飾った名作の原画200点を展示

外部サイト

  • 「週刊少年ジャンプ展」第3弾が六本木で、『ONE PIECE』『NARUTO』など00年代を特集
  • 「週刊少年ジャンプ展」第2弾が六本木ヒルズで、SLAM DUNKやジョジョなど90年代作品特集
  • 「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京・六本木の国立新美術館で開催決定