『春キャベツとアサリの酒蒸し』

【旬を味わう 美人レシピ】vol. 74

旬食材は、アサリ!

アサリは通年出回ってますが、一番おいしい時期は3月から5月の春と、9月から10月の秋です!

今が旬のアサリは、女性に嬉しい栄養素がたっぷりの食材。 まず注目すべき点は、貧血予防ができる栄養素の鉄分と、ビタミンB12が豊富に含まれていること。ビタミンCや葉酸の豊富な野菜と一緒に食べると、さらに貧血予防の効果を高めることができます。

貧血は疲れやすさや肌荒れを引き起こすので、鉄分豊富なアサリを摂取して、肌トラブル知らずの潤った肌を育てましょう。貧血や疲労を予防することは、美肌を育てることにもつながるんです!

そのほか、むくみ対策に効果的なカリウムも含まれているので、疲労回復や、老廃物排出にも効果があるといわれています。また、嬉しいことに低脂肪でたんぱく質が豊富! ダイエットをしている女性でも積極的に食べやすい食材といえますよね!

女性に嬉しい栄養素がたっぷり詰まったアサリ! お野菜と一緒にぜひ積極的に取り入れたい食材です

材料はこちら!

【材料(二人分)】

・アサリ       :250〜300g・春キャベツ     :1/4玉・ニンニク      :1かけ・唐辛子       :1本・酒         :大さじ4・水         :大さじ2・ゴマ油       :小さじ1・うす口しょうゆ   :小さじ1/2

・青ネギ       :適量

まず、下準備を始めます。〜その1:アサリの砂抜きをします。

ボウルやバットに1%の食塩水を用意し、アサリをつけ、砂抜きをしておく(冷蔵庫で2時間〜ひと晩)。

貝は暗い環境にするとよく砂を出します。光を通さないホイルなどでボウルやバットを覆って暗くしましょう。

まず、下準備を始めます。〜その2:キャベツを切りわけます。

キャベツは葉の部分をひと口大に切りわける。芯の部分はうす切りにする。

まず、下準備を始めます。〜その3:ニンニクを薄切りにします。

ニンニクは皮と芯を除き薄切りにする。

まず、下準備を始めます。〜その4:唐辛子は種を除き半分に切ります。

唐辛子は種を除き半分に切る。

まず、下準備を始めます。〜その5:青ネギは小口切りにします。

青ネギは小口切りにする。

では、作ります! まずキャベツとフライパンに入れます。

フライパンにキャベツを入れます。

キャベツの上にアサリを並べます。

砂抜きしたアサリは水で良く洗い水を切り、キャベツの上に並べます。

ニンニク、唐辛子も加えます。

ニンニク、唐辛子も加えます。

酒と水、ゴマ油を加え、火にかけます。

酒と水、ごま油を加え、ふたをして火にかけます。

煮立ったら中火にします。

煮立ったら中火にしてアサリの口が開くまで火にかけます。

仕上げにうす口しょうゆを加えます。

アサリの口が開いたらふたを開け、うす口しょうゆを加えなじませ、火を消します。

器に盛り付けます。

器に盛り付けます。

最後に青ネギを散らします。

仕上げに青ネギを散らします。

おいしさのアレンジポイント

今回は春キャベツを合わせましたが、しめじなどのきのこ類を合わせてもおいしいですよ

連載第74回目は、春に旬を迎えるアサリと春キャベツを使ってあさりの酒蒸しをご紹介します とっても簡単だけどアサリの出汁で上品な和食の一品ができちゃいます。アサリに甘くて柔らかい春キャベツを加えて春を感じてはいかがでしょうか。