13年ぶりに下部ツアー2勝目を挙げたエリック・アクスリー(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ノースミシシッピクラシック 最終日◇オックスフォードCC>
米国男子下部のウェブドットコム・ツアー「ノースミシシッピクラシック」最終日は悪天候の影響で競技中止となり、3日目の時点でトータル12アンダー・単独首位に立っていたエリック・アクスリー(米国)が2005年以来、13年ぶりのツアー2勝目を果たした。
【写真】ガンジーさんが歓喜のV!男子ツアーの特選フォト
1997年にプロ入りしたアクスリーは、2005年の下部ツアー「ザ・レックス・ホスピタル・オープン」で念願のプロ初優勝。レギュラーツアー初参戦となった06年には「バレロ・テキサス・オープン」でツアー初勝利を挙げる。その後、成績は下降線の一途をたどっていたが、今季3戦目に7位タイ、先週には15位タイと復調の兆しを見せ、ついに13年ぶりの栄冠を勝ち取った。また、最終日の22日(日)は44歳の誕生日。自らのバースデーを祝う復活Vだった。
3打差2位タイには日本ツアー通算2勝のイ・キョンフン(韓国)、ウィリー・ウィルコックス(米国)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が入った。
賞金ランク首位を走るイム・ソンジェ(韓国)はトータル3アンダー・22位タイ。元NO.1アマチュアのマーベリック・マクニーリー(米国)はトータル2アンダー・33位タイだった。
【最終結果】
優勝:エリック・アクスリー(-12)
2位T:ウィリー・ウィルコックス(-9)
2位T:イ・キョンフン(-9)
2位T:セバスチャン・ムニョス(-9)
5位T:ダン・マッカーシー(-8)
5位T:マイケル・ヒバート(-8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「ノースミシシッピクラシック」最終結果&最新賞金ランキング
2018年バレロ・テキサス・オープン 最終結果
国内男子ツアー パナソニックオープン最終結果
国内女子ツアー フジサンケイレディス最終結果
「距離より精度」小平智、PGAツアー初勝利に繋がった【2つのギア調整】