12星座【ぬか喜び】ランキング 双子座はなんでもポジティブに早合点!

写真拡大

 「いいな!」と思うと、過大な期待を膨らませて大はしゃぎ! すべてがうまく運ぶことを前提にして、これからの展開に夢を見ます。けれど、早合点だったり、喜んだわりには大したことにならずのぬか喜び状態……というてん末になりやすい星座をランキングで見てみましょう!

■第1位 双子座……ぬか喜びの想像を膨らませて吹聴!?
 いつも新しいことを求めている双子座は、ちょっとした変化に敏感です。会話の中に登場した相手の何気ない一言にも反応し、「それって、まさか!」と早合点をして、心の中でガッツポーズを決めるでしょう。頭の回転の速さも手伝って、自分の意図する方向に物ごとが進展していくことを素早く想像します。「今、こんな話があって進んでいるんだ!」と、誰かに報告せずにはいられません。ぬか喜びのままに暴走するおしゃべりさんです。

■第2位 射手座……行動力が裏目に出て大ショックのぬか喜び
 自分の目標に向かって突き進む射手座は、目標達成のチャンスを探しています。「えっ! このチャンスを逃しちゃダメだよね?」と思えることがあると、夢をどんどん膨らませて、その後の展開までを思い描いて先走るでしょう。行動力とスピーディーな対応で、次の段階への準備をはじめるケースもあり、ぬか喜びであったことに気づいたときの落胆ぶりも人一倍。ショックのあまりに涙することもありますが、立ち直りは早いはず。

■第3位 魚座……ぬか喜びのきっかけは自分!?
 漠然としたビジョンに期待を持つ魚座には、漠然としているからこその間口の広さがあります。「なんかおもしろそう! これで何かできるかも!」と思った瞬間に期待を抱き、夢見心地になるでしょう。「こうすればいいじゃない」というアイデアを伝えた相手が、「いいですね」と軽く相槌を打っただけで、「これでいける!」と確信し、ぬか喜びの世界へとダイブします。誰かが手伝ってくれることを期待するのが魚座スタイルなのです。

 第4位は、チャンスや差し伸べられる手を待つ牡牛座。いつもそのときを待っているので、人知れずぬか喜びで一喜一憂を繰り返すでしょう。第5位は、共感を求める蟹座。人から言われた「大丈夫」という言葉を信じてぬか喜びに突入!

 第6位は、獅子座。誉め言葉のすべては自分のことと解釈し、ぬか喜びであることに気づかぬまま、最後まで喜び続けることも!? 第7位・水瓶座は、一瞬喜んでも、いつものクールさを取り戻して我に返るため、ぬか喜びは少ないはず。

 第8位は、周りの目を気にする天秤座。ぬか喜びをする人と思われたくないので、むやみに喜びを示さない、隠れぬか喜びをします。第9位は、牡羊座。負けず嫌いなため、自分で納得できる成功や勝利を手にするまで喜ばないはず。

 第10位は、山羊座。計画的にことを進めるため、冷静な状況判断で、ぬか喜びに陥ることを避けるでしょう。第11位は、決して諦めない蠍座。ぬか喜びであったとしても、ただのぬか喜びでは終わらせません。転んだ分のもとを取るでしょう。

 今回、第12位の乙女座は、マイナスの想像を膨らませます。ぬか喜びではないことでも、「これはひょっとしてぬか喜びなのでは?」と疑って、喜ぶだけ喜んだあとに落胆することを恐れます。信じたいうまい話であるほどに信じることができないのでしょう。

 ぬか喜びは、期待が大きいほど陥りやすく、気づいたあとのダメージの威力も増します。それを恐れて注意するタイプと、「今度こそは!」と期待を膨らませてぬか喜びを繰り返すタイプがいるでしょう。ぬか喜びで終わらないことをお祈りしています!
(LUA)※画像出典/shutterstock