<パナソニックオープン 最終日◇22日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,343ヤード・パー71)>
遼くんフィーバー再来だ。「これ以上ない幸せ」と表現した「パナソニックオープン」の最終日。大阪府にある茨木カンツリー倶楽部に訪れたギャラリーは9,061人。朝一番のスタートとなった石川遼を見ようと、人波がコースを埋め尽くした。
【動画】パナソニックオープン 石川遼インタビュー
早朝7時半のトップスタート。1番ティグラウンド周りは何重もの人垣。石川遼の名前がコールされると、「遼ちゃ〜ん!」の声がこだました。「本当にこれだけ来てくださってうれしいです」と、石川自身も集まった大観衆を前に大きな喜びを感じた。
スタートホールではグリーンを狙ったセカンドショットが1バウンドでピンに当たり大歓声。惜しくも3メートルのバーディパットは外したが、その後も続々と石川組のギャラリーは増え続けた。10年ぶりに戻ってきた大阪の試合で、石川は執念のチャージを見せる。
5番のパー3では、グリーンの傾斜を使ってピンに寄せバーディ。前日ダブルボギーをたたいた7番パー4ではセカンドショットを60センチにピタリ。「遼ちゃんいけるで〜」のかけ声とともに、その後もバーディチャンスを作り出すが、「パットがよくなかった」と決めきれず。それでも前半は2バーディで折り返した。
後半に入るとさらにギャラリーは増えていく。10番もバーディ。13、14番で連続バーディ。優勝争いから遠のいているなかでも、石川のプレーを追うファンの数は増える一方。17番をボギーとしたが、最終18番パー5では、2オンに成功。バーディで締めくくると、グリーンサイドはギャラリーであふれかえった。
「もみくちゃになっている感じが懐かしかった」と石川が語るように、クラブハウスに戻るのもひと苦労。インタビューを終えてからは30分間のサインと、ファンサービスもぬかりない。ノリのいい大阪の地というのもあったが、確かにこの日の石川組は、メジャー大会並みの盛り上がりを見せた。今でも男子ゴルフ界では圧倒的な集客力を誇る石川。意地の「66」でなんとかトータル5アンダーの28位タイまで復活したが、次週は2010年に「58」を出した中日クラウンズ。「久しぶりなので楽しみです」と言い残し、名古屋の地に向かった。(文・高桑均)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

パナソニックオープン 最終成績
【LIVE写真】パナソニックオープンの熱戦を写真で振り返る
新たな試みのピンフラッグ販売、サイン色紙代わりのこの企画を体験してみた!
プレーオフで決着!フジサンケイレディス 最終日成績
【LIVE写真】フジサンケイレディス 撮れたて写真を配信中!