見えないところや、細部にこそ気を使える女性って、ていねいに生きている感じがして素敵です。

それでいうと、究極は、下着

肌に直接つけるものだからこそ、きちんと選んだ着心地の良い下着を身につけたい。

ワコールの店員さんに聞いてみた下着の選びかた

じゃあ、下着ってどうやって選んだらいいの?

「Wacoal(ワコール)」の店員さんに聞いてみました。

月1で新調がベスト

下着を新調するベストなタイミングは、なんと月に1回。洋服のように、できれば下着もシーズンごとに新調すると良いのだそう。

たしかに下着がヨレていたら、なんとなく自分の意識もぐんと下がりそう...。何年も同じものを着倒すなんて、もってのほかです。

ギャップのあるデザインや色を選んでみる

下着は他人には見せないからこそ、普段は自分で選ばないようなデザインや色に挑戦することができるアイテム。

大胆なセクシーデザインで自分の女度を高めてみたり、とことんフェミニンに寄ってみたり、「意外な自分」を求めて冒険してみるのもワクワクします。

亜土ちゃんとコラボした下着で春気分を上げていく

普段の下着とはちょっと違うテイストに挑戦したいな...というときに見つけたのが、水森亜土とコラボレーションしてた、ワコールの「PARFAGE(パルファージュ)」のランジェリー。

お花畑に包まれているようなフラワーテイストに、抜け感のある刺繍を組み合わせた軽やかなタッチ。

まるで洗練された女性らしさとかわいらしさを、そのまま体現したようなデザインです。

しっかりと谷間も作ってくれて、つけ心地も軽いから疲れません。デザイン性と機能性を兼ねそなえているって、うれしい。

大人のおしゃれは「下着」から

もう何年も着てない下着とか、お気に入りだったけどヨレてきちゃった下着とか、思い切って全部処分したら、すごくすっきりした。

大人女性のおしゃれは「下着」から。

女度をあげてくれる1着を、とことんこだわり抜いて選んで、大事に身につけていきたいと思います。

[ワコール / パルファージュ]