少しでも上位に浮上したい石川遼は第1組でティオフ(撮影:村上航)

写真拡大

<パナソニックオープン 最終日◇22日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,343ヤード・パー71)>
アジアンツアーとの共同主管大会「パナソニックオープン」もいよいよ最終日がスタート。2日目に「66」を出して浮上した石川遼は3日目に「76」と崩れ、59位タイに急落。最終日は屈辱の1組目スタートとなったが、少しでも上位に入るため朝一番から全力投球だ。
【動画】パナソニックオープン 3日目ハイライト
上位争いには個性豊かな選手がそろった。トータル12アンダーで首位の金亨成(韓国)は2015年以来の優勝を目指すが、今季は「賞金王」も狙いたいと意欲的。オフにはジュニアに交じって早朝5時台の起床で夜は9時までの合宿を敢行。自信をみなぎらせ、逃げ切りを図る。
その金を追うのがインドのラヒル・ガンジーだ。「自分でも驚きだった」という2日目の「65」に続き、3日目も「68」にまとめ、金と1打差の2位につけている。「日本ツアーの予選を受けようと思っていた」というガンジー。逆転優勝となれば2020年までのシード権を獲得できるだけに、夢に向かってひた走るのみだ。
3位につける片山晋呉は「この年齢で戦えるのが幸せ」と、プレーの喜びをかみしめる。ツアー通算31勝の永久シード選手で百戦錬磨のベテランは、気合のこもったラウンドを続けている。十分優勝のチャンスありと見てよさそうだ。
スコアを2つ落として反省しきりの星野陸也は、3日目のマネジメントを課題に挙げた。終盤の17番ではダブルボギー。一気にスコアを落としてトータル8アンダーの4位タイと後退した。メンタル面での成長を2日目までの好成績の要因と分析したが、3日目はそのマネジメントに失敗。だが、それが3日目だったのは幸いとも言える。最終日に再び徹底したコースマネジメントを見せることができれば、調子を考慮してみても十分ツアー初優勝の可能性はある。
日本勢対アジア勢。熱き日亜の戦いで、栄冠を勝ち取るのはいったい誰なのか。野球場のように盛り上がりを見せる17番、名付けて「ザ・ギャラリーホール」を首位で迎えて、ギャラリーを沸かせ最終ホールに弾みをつけたい。
主な選手のスタート時間は以下の通り
第19組 10時40分/池田勇太、ミゲル・タブエナ、ブレンダン・ジョーンズ
第20組 10時50分/星野陸也、キム・シファン、ハン・ジュンゴン
第21組 11時00分/片山晋呉、ラヒル・ガンジー、金亨成
<ゴルフ情報ALBA.Net>

パナソニックオープン 3日目までの成績を振り返る
【動画】石川遼、池に足を入れて執念のアプローチ(パナソニックオープン2018 2日目ハイライト)
【LIVE写真】パナソニックオープン 最終日の様子もフォト配信中!
2位タイの親日家・ガンジーさん 「今夜はすしとウーロンハイで祝杯だよ!」
【LIVE写真】女子ツアー・フジサンケイレディスの様子も現地からフォト配信!