渋谷になんと4畳半のクラブルームができたらしい。

築100年の古民家に現れた、過去と現代のミックス空間

そんなウワサを聞いてやってきたのが、「ハイエナジー居酒屋『ラムハイハウス』〜100年古民家でハジけろ!〜」。

4月20日〜2018年4月27日(金)まで開催されるイベントです。

会場となるのは、築100年の古民家。

入り口には、主催する「BACARDI(バカルディ)」の商標であるコウモリが描かれた提灯が並んでいて、なんだかいい雰囲気。

もちろん古民家なので靴を脱いで上がってみると、そこに広がるのは、過去と現代のミックス空間。

歴史を感じさせる木の板の上には、ギラギラと光るミラーボールやDJブースが。一歩足を踏み入れただけで、気分がいっきに上がります。

ちゃぶ台と座布団。どこか懐かしい縁側でラムハイを堪能

バーでラムハイを受け取ったら、いたるところに設置してあるハイテーブルで立ち飲みするも良し。

でも、個人的に気に入ったのが、中庭を眺めながら縁側でゆっくりと飲むことができる「中庭 & チルアウトゾーン」。

ちゃぶ台と座布団という組み合わせが、どこか懐かしさを感じさせます。

中庭、縁側、ラムハイ...。もうこれさえあれば十分! ってほどに気持ちいい。

ほどよいノスタルジーに浸りながら、ラムハイを楽しみました。

4畳半のクラブルームはとにかく没入感がすごかった

そして、本命の4畳半クラブルームへ。

入ってみると、予想以上にコンパクト。でも、予想以上に盛り上がる!

DJブースが目の前にあるので、DJの顔をちゃんと見られるのもうれしいし、照明と音響を間近に感じられて、気分も自然と高揚してきます。

DJ SARASAなどの世界で活躍する一流DJもプレイするとのことで、こんなに目の前で見られるチャンス、めったにありません。

なにより、数人しか入らないくらいのコンパクトなスペースだからこそ、没入感がすごい。

他人の目を気にせずに思いっきり踊って、ストレスを発散してきました。

来場者にはラムハイ1杯無料

会場には、ほかにも懐かしのインベーダーゲームをバカルディ仕様にした「RUM HINVADER(ラムハインベーダー)」や水墨画アーティスト「CHiNPAN(チンパン)」さんが手がけたコウモリをテーマとした装飾も。

まるで、昔といまを行ったり来たりしているような感覚を味わえます。

しかも、来場者には、なんとラムハイを1杯無料で提供してくれるのだそう。これはいかない理由がありません。

仕事終わりは築100年古民家の4畳半のクラブルームで、ラムハイを飲みながら、疲れやストレスを吹っ飛ばしたい!

ハイエナジー居酒屋『ラムハイハウス』〜100年古民家でハジけろ!〜

開催期間:〜2018年4月27日(金)

場所:東京都渋谷区東1-26-32

営業時間:17:00〜21:00

料金:ラムハイを1杯無料

※2杯目以降およびフードは有料

撮影・文/グリッティ編集部