【心理テスト】水面に浮かぶ波紋はいくつ? 答えでわかるあなたの影響力

写真拡大

 池や湖の水面を見ていると、魚や水流の動きでさまざまな動きをしています。また静かな水面は、見ているこちらも静かな心になり、美しい波紋があればつい見入ってしまうことも。そんな水面と波紋に関する心理テストです。

【質問】
 湖を想像してください。水面の波紋はいくつありましたか?

A:1つ
B:3つ
C:5つ
D:たくさん

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「今のあなたが周りに与える影響力」
 水は形なく広がっていく様子から人の感情やコミュニケーションをあらわし、波紋は周りへの影響をあらわします。波紋の数で、あなたの影響力を診断します。

■A:1つ……時間と共に大きくなる
 「1」は、孤独をあらわす数字です。あなたの発した意見は、最初は小さいものですが、波紋が徐々に広がるように、時間をかければあなたが周りに与える影響は少しずつ大きくなっていくでしょう。ただし、あなたの放った小さな一石が浸透するまでは時間がかかるため、それまでは孤独感に悩まされるかもしれません。

■B:3つ……仲間と協力すると大きくなる
 「3」は、調和や協力の数字です。あなた1人でも周りに影響を与えることはできますが、同じ意見を持つ仲間と協力することで、あなたの影響力が強まっていくでしょう。たくさんの人が在籍する学校や会社では、派閥のように自分のグループを作ることで、大きなことを成し遂げられる可能性もあります。

■C:5つ……発し方を変えると影響力大
 「5」は、柔軟性をあらわす数字です。あなたの投じた一石は、受け取る人によってさまざまな変化をします。どんな風に周りが受け取ったかを観察し、相手の受け取り方で自分の意見の発し方を柔軟に変えることで、さらに印象を強めることができ、より影響力が増してくるでしょう。

■D:たくさん……影響は小さく目立てない
 無数の波紋は、たくさんの意見があなたの周りにあることをあらわします。あなたが周囲に与える影響力は低く、思うような結果を得られない状況です。多くの人の意見に自分が埋もれてしまい、主張してみても、第三者からみれば「似たようなもの」と思われてしまいます。周囲から差別化することをまず考えてみましょう。

 周りに与える影響力は、ただ目立つだけではなく、あなたの小さな意見が世間を変える素晴らしいチャンスでもあります。あなたの意見を存分に生かすために、影響力を知るのもいい方法です。
(大柴あまね)※画像出典/shutterstock