緊張を抑えて高木萌衣がプロ初優勝を飾った(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<パナソニックオープンレディース 最終目◇20日◇田辺カントリー倶楽部(6,403ヤード・パー72)>
女子ステップ・アップ・ツアー「パナソニックオープンレディース」最終日。トータル6アンダーの首位からスタートした高木萌衣が、1イーグル・2バーディ・4ボギーの「72」で回り、プロ初優勝を飾った。
【写真】パナソニックオープンレディースを写真で振り返る
見事な逃げ切り優勝に高木は、「まさか自分が逃げ切って優勝出来るとは思ってもいなかった」と驚きの表情を浮かべた。自らを「緊張するタイプ」と評し、この日も「昨日の夜から緊張していたし、最初の3ホールはフワフワしていました」と言ったが、終わってみれば2位に3打差をつける快勝だった。
4番パー3では、ホールインワンも達成。「試合では初めてだったし、スコアに余裕が出来たって思えれば良かったんですけど、逆に運を使い切ったみたいで怖くなりました」と、ここでも油断はせずホールアウトまでプレーを続けた。
今季のQTランキングは145位。今後のステップ・アップ・ツアー出場も危ぶまれていたが、この優勝で残り全試合の出場権を獲得した。「チャンスがいっぱい増えましたね。これで、セカンドQTも免除になるし、今年のステップも全試合出られる。優勝は狙って出来るものじゃないけど、1つひとつ課題をクリアして、来年はLPGAツアーに戻りたい」と今後を見据えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

パナソニックオープンレディース 最終成績
【女子プロ写真館】プレー中の姿からオフショットまで満載
よく分かるリランキングリスト〜生き残るのは誰だ!
【LIVE写真】フジサンケイレディス 熱戦の様子を現地からお届け
男子ツアー・パナソニックオープン 2日目成績