子どもを育てるというのは、想像以上に大変なもの。もちろん、喜びや楽しさもありますが、それだけではないのが現実です。子育てや家事の忙しさに追われるなか、日頃から育児や家事をしない夫に何かを言われてイラッとした経験があるという人も少なくないはず。手は出さずに口だけだす旦那にうんざりすることもあるでしょう。ここでは、家事育児をしない夫に言われてイラッとしたセリフを聞いてみました。

「泣いてるよ」

「家事をしているときに子どもが泣いてちょっと待たせていると、すぐに『泣いてるよ』って言ってくる夫。あんたの子でしょ!」(30代/主婦)

▽ もっとも多かったのは「(子どもが)泣いてるよ」という言葉。子どもが泣いていることくらい、気づいています。しかし、家事や重度の睡眠不足による疲れなどでなかなか子どもを構うことができないのです。それなのに「泣いてるよ」なんて言葉をかけてくるのは無責任な話。泣いているのはふたりの子。つまり旦那の子でもあるのになぜそんなに他人ごとなのでしょうか。

「俺じゃ泣きやまない」

「抱っこしていて泣きだすと、『俺じゃ泣きやまないよ』ってすぐに投げ出されるとイラッとする。最後まであやせ!」(20代/介護)

▽ 赤ちゃんの機嫌がいいときだけ遊んで「俺は子どもの面倒を見ている」と言い張られるのは腹が立つもの。赤ちゃんの機嫌が悪いときに、どう対処できるかで「本当に赤ちゃんと遊べているのか」がわかります。
泣きだした途端に投げ出して「俺じゃ泣きやまない」とパスするのは何もできていない証拠。泣いたら最後まであやしてほしいのが本音ですね。
また、「ママじゃなきゃ」や「おっぱいじゃない?」などと何かと理由をつけて泣いている赤ちゃんを引き渡してくることからも、日頃から育児をしない様子がうかがえます。

「オムツ汚れてるよ」

「『オムツ汚れてるよ〜』っていう報告。気づいたならオムツくらい替えてよ! って思う」(30代/IT)

▽ 赤ちゃんのオムツが汚れて臭うとき、オムツを替えもせずに「汚れているよ」とだけ報告してくる旦那もいるのではないでしょうか? オムツが汚れたことに気付いたなら、それくらい替えてほしいと思うもの。「オムツが汚れている」なんて報告だけではまったく役に立たないのです。

「今日はゆっくり寝てくれたね」

「朝起きてからさわやかに一言。『今日は子どもゆっくり寝てくれたね』って……。夜大変だったから! ゆっくり寝ていたのはあんだたけだよ!」(30代/パート)

▽ 赤ちゃんのうちは、夜間授乳をしたり子どもが夜に泣きだしたりして、まとまって眠れる時間がほとんどないもの。夜、大変な思いをしている自分の横でいびきをかいて眠っている夫を見るとイラッとしますよね。翌朝「よく寝てくれたね」なんて言われた日には怒り心頭。「寝ていたのはお前だよ!」なんて突っ込みも入れたくなるでしょう。

「早く寝かせろよ」

「子どもの夜泣きがおさまらないときに、イライラした様子で『早く寝かせろよ』って言われたときは本当になんでこんな人と結婚したんだろうって後悔した」(20代/主婦)

▽ 子どもがぐずるとなかなか寝付かないもの。「うまく眠れない」という理由だけで泣くこともある赤ちゃんのお世話に時間がかかることもあります。そんななか、赤ちゃんが寝ないのはお前がいけないとばかりに「早く寝かせろよ」と迷惑そうに言われた日には、離婚を考えてもおかしくありません。「寝かしつけができるようになってから言って!」なんて思いますよね。