中年の星は二日目にどんなプレーを見せてくれるのか(撮影:ALBA)

写真拡大

<パナソニックオープン 2日目◇20日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,343ヤード・パー71)>
初日は45歳の片山晋呉と21歳の星野陸也が7アンダーで飛び出したが、2日目の午前組がその後を追って続々とスタート。注目は6月で49歳になる“中年の星”藤田寛之。
【関連写真】ベテラン対決から新鋭の奮闘まで!リアルタイムフォトでチェック!
最後の優勝は2014年の9月。4季ぶりのツアー通算19勝目に向けて、首位に4打差の3アンダー、16位タイから2日目をスタートさせている。
片山、藤田の他にも5アンダーグループには昨年覇者で46歳の久保谷健一や藤田と同じ3アンダーにはシニアの鉄人、プラヤド・マークセン(タイ)も控える。
実績十分のベテランと、勢いの若手。アジアンツアーの猛者たちを相手に、国内ツアー勢がどんなゴルフを見せるのか!?

<ゴルフ情報ALBA.Net>