コンビニの惣菜でコスパ最強サンドイッチが完成!

写真拡大 (全12枚)

コンビニの冷蔵コーナーにある和風総菜。ごはんと合うのはもちろんですが、実はパンとも相性抜群なんです。さっと挟むだけで、カフェ風サンドイッチになるのに、コスパが良くて食べ応えも抜群♪

今回はセブンイレブンから、サンドイッチに合う総菜をセレクト。朝ご飯にも休日ランチにもオススメなサンドイッチレシピをご紹介します!


■厚焼き玉子サンド





玉子焼き専用のフライパンがないと、なかなか作りにくい厚焼き玉子。セブンイレブンの「たまご屋さんの切れてる厚焼き玉子」(138円・税込)は、その厚みとソフトな食感で人気の商品です。




作るといっても、マヨネーズと辛子を混ぜ合わせ、食パンに塗るだけ。




厚焼き玉子をドーンと乗せてサンド。パンの耳を落とすと、カフェやサンドイッチ専門店のサンドイッチみたい♪ カラシマヨネーズを塗ったことで、甘くコクのある厚焼き玉子が引き立っています。かつお出汁とマヨネーズの旨味がパンと相性抜群です。




サンドイッチ類はラップをキュッと巻いて少し時間を置くと、味が馴染みますよ。この間にコーヒーやお茶の準備をすると◎。

たまご屋さんの切れてる厚焼き玉子 138円
セブンブレッド 1枚分 18円
マヨネーズ&辛子 1食分 10円
合計 166円(税込)


■鶏の照り焼きサンド





柔らかく仕上げるのが難しい鶏の照り焼きも「切れてる炭火焼きチキンステーキ」(198円・税込)を使えば問題ありません。面倒なキャベツの千切りもカット済みの「千切りキャベツ」(105円・税込)で手間なし!




半分にカットした食パンにマヨネーズを塗って、千切りキャベツ→チキンステーキ→千切りキャベツの順に重ねます。キャベツを入れられるだけ入れるとお店っぽいですよ。




肉感たっぷりのボリュームサンドイッチが3分で完成です。鶏肉が柔らかいので、食べやすいですよ。また、甘辛なタレがキャベツとパンに絡んで◎! そして、ずぼらな筆者としては千切りキャベツを作らずに済むのが何より楽ちんでした。これなら気だるい朝でも大丈夫♪

切れてる炭火焼きチキンステーキ 198円
セブンブレッド 1枚分 18円
千切りキャベツ 1食分 21円
マヨネーズ 1食分 5円
合計 242円


■スペイン風!? さばサンド





スペインのB級グルメであるさばサンド。街角で売っていて、気軽に食べられるものだそう。でも、魚を焼くのって正直面倒……。既に遠赤外線で香ばしく焼いた「さばの塩焼き」(280円・税込)なら「レタスミックス」(138円・税込)と一緒に挟めば簡単さばサンドのできあがりなんです。




本来はバゲットなどハード系のパンで作るのですが、ここはコスパ重視で食パンで作ります。香ばしくキツネ色になるまでトーストしておけば、食感を再現できちゃいますよ。5分ほどトーストした食パンにマヨネーズを塗り、レタス→さば→レタスとサンドしていきます。




彩り良いレタスミックスのお陰でとってもおいしそうにできました。ノルウェー産の脂ののったさばは程よい塩加減で、パンとの相性が抜群でした。ボリュームもたっぷりでリピしたくなるおいしさ。余裕があればスライスオニオンを挟んだり、レモン汁をかけたりすると、より本場の味に近づきますよ。

さばの塩焼き 280円
セブンブレッド 1枚分 18円
レタスミックス 1食分 35円
マヨネーズ 1食分 5円
合計 338円




冷蔵庫にストックしておけば、忙しい朝でもさっと作れて便利ですし、やることの多い休日のランチにもオススメ。保冷剤と一緒に持っていくならお弁当にも◎。ボリュームたっぷりだけどコスパの良い総菜サンド、作ってみてくださいね♪

(田中いつき+ノオト)