「セレブレーションストリート」に様変わりするワールドバザール内のメインストリート/(c)Disney

写真拡大

4月15日に「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」がスタート。東京ディズニーランド・ワールドバザール内のメインストリートは、特別な通り「セレブレーションストリート」に様変わりするので是非注目したい。

【写真を見る】TDLのメインストリートがさまざまな色に輝くきらびやかな世界に!/(c)Disney

ワールドバザール内のメインストリート中央には、高さ約10mのモニュメント「セレブレーションタワー」が登場する。このモニュメントには9つのミッキーマウスの像が。像は、これまで東京ディズニーランドで開催してきたイベントの特別なコスチュームや、東京ディズニーシーのグランドオープン時のコスチュームなどを身にまとっている。

セレブレーションストリートが、日中と夜とで趣の異なる世界に変化するのも注目ポイント!日中は、35周年のテーマソングが流れたり、紙吹雪が舞ったりと祝祭感あふれる世界に。夜はセレブレーションタワーや天井がさまざまな色に輝くきらびやかな世界になる。

さらに夜には、東京ディズニーランド開園後初めての試みとして、ワールドバザール内に映像を映し出す。ワールドバザールを、音楽と光の演出で包み込んでいくのだ。

ちなみに、ディズニー映画『シンデレラ』『塔の上のラプンツェル』などをイメージしたプリンセスバージョンと、『ピーター・パン』『リトル・マーメイド』などをイメージしたアドベンチャーバージョンの映像&音楽を用意する同公演(約90秒間ずつ)。2つの世界観のなかで是非、魔法に包まれたような感覚を味わってほしい。

その他、園内デコレーションとしてチェックしたいのが、エントランスの花壇とシンデレラ城前の中央花壇。エントランスの花壇は、ディズニーの仲間たちが園内へと続く赤い絨毯の前に立ち、ゲストを迎え入れるような祝祭感あふれるフォトロケーションに。シンデレラ城前の中央花壇には、東京ディズニーリゾート35周年のロゴをあしらった大きなオブジェを設置している。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)