小達はシニアツアーデビュー戦を25位タイ発進(提供:大会事務局)

写真拡大

<ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 初日◇19日◇箱根カントリー倶楽部(7,056ヤード・パー72)>
国内シニアツアー第2戦「ノジマチャンピオンカップ」が開幕。初日、6アンダーで高見和宏とG・マイヤー(米国)が首位に立った。
【連続写真】注目シニア選手のスイングを紹介
「昨年シードを落としたので、今回のこの出場チャンス(主催者推薦)を生かして返り咲きしないとね」(高見)
1打差の3位タイに寺西明、溝口英二、スティーブン・コンラン(オーストラリア)。開幕戦優勝の山添昌良は、PGA会長の倉本昌弘と同じくイーブンパーの32位タイ。また、レギュラーツアー通算2勝で今大会がシニアツアーデビュー戦の小達敏昭は、1アンダーの25位タイにつけている。
「50歳まで生きてきてよかったですね(笑)。いったん35歳でレギュラーツアーを退き、その後は銀座でクリニックを開きながらドラコンの大会に出ていた。こうやってツアーに戻ってこられてうれしいですよ」(小達)
大会は2日間で行われ、明日20日(金)が最終日となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「スタートラインに立てた」米初優勝の小平智 一問一答
谷口徹も小平智を祝福「小平やなくて、もう“大だいら”でしょ!」
米ツアーチャンプになった小平智は、なぜ千載一遇のチャンスをモノにできたのか?【舩越園子コラム】
【WITB】重永亜斗夢「パターが良くなった」、尊敬する石川遼と似た超フィーリング派の初優勝ギア
【石川遼・復活優勝へ】首位から陥落した3日目 開幕戦での“4日間の壁”は何が原因?